FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
スピリチャル的視点からみた胆石が出来た経緯8
このシリーズ長くなってしまいましたね(笑)

もうちょっとで完結です。


それで、胆石(という 男性に対する不信感)のエネルギーが
今世の私が作っていった経緯は、今までのブログを読んでいただくとわかると思います。

ただ、ここで終わってもヒーリング完了にはなりません。

この時と同じような思い、感情を味わった昔の自分、昔の時代を探さないとなりません。

2つくらい 男性不信におちいった時代があるようなんですが、
具体的なイメージ、その時代の自分の姿、事件、感情、思考、決断などは
思い出せませんでした。

なので、こういう時は レイキヒーリングの出番です。
その二つの人生、前世の二人の自分にたいして、レイキシンボルをおくって
ヒーリングしておきました。
その当時うけた トラウマが癒せますように、
その時受け取ってしまった、ネガティブな思考、ネガティブな感情を解放してあげて、
ポジティブなこのレイキの光で過去の自分も、今の自分も満たされますように、

こんなことをレイキの光とともに祈った感じです。

オーラの中の不信感は 取れました。
と同時に、わたしは
病院へ電話することができたのです。

手術ありき、でいくならこの病院にお願いしたいと
まず電話で打診したら、

(まあ、今時、総合病院、大病院は、紹介状がないと
取り扱ってくれないところが多くなっています。
初診だと、初診料として3000~5000円くらいとるのが一般的です)

混んでいるだろうから、
初診でも、1~2週間待ちかな、とおもっていたのですが、
意外にも3日後に
診察できるということで、
渡りに船だ!とおもっていくことにしました。

それで、私は胆石をとる決断ができたのです。
先生も、はきはきとした感じのいい先生で、
こういう方なら、きっと手術の腕前もいいでしょうし、
患者の不安にたいしても
「アー大丈夫~」と無難に慰めの言葉をいうのではなく、
医者として医学的根拠をきちんと説明しながら
不安におもっていることへのリスクは1パーセント位しか起こらないので少ないですよ、
と教えてくれるようなタイプの先生だとおもわれるので、

よし、任せて安心でしょう、と私も即断で、手術入院をお願いできました。
それで、手術して胆石と胆のうを取ったわけです。


あ、一応、占星術的には自分の星回りがどうなんだろう、と
調べては起きました。(これは必須)

都知事選のときにもかきましたが、
ハーフサムは、物事が成就するかどうかの、環境が整っているかどうかをみます。

誤診軸(木星/海王星)、というのに星が入ってる状態だと、
誤診する環境が整っている、と意味で
医者先生から
誤診される可能性が強いので、 絶対に避けなくてはなりません。
火星だと、一時的な誤診、ですむかもしれませんが、
冥王星だと究極の誤診、になります。

あと
治療軸(火星/天王星) というのがあるのですが、
治療軸に悪い星(マレフィックス、火星、土星、天王星、海王星、冥王星)が
コンタクトしていると、
それもよくないのです。
治療軸に悪い星がコンタクトしてると、逆にその病気になりやすく
医者の運がわるい時期、といっても過言ではないです。

特に 火星/天王星=冥王星t(tはトランジット、今の天上にある星のこと)
だと、
究極の、カルマ的な 霊的な影響のある治療、
遺伝子レベルの治療 から
究極の医者の見立ての失敗 なんていう意味にもとれますから
絶対に避けなくてはなりません。

冥王星=カルマ なんで
前世の影響、先祖の影響、死と再生なんで、

ハデス(冥府の神)に睨まれるほど、恐ろしいことはありません。

そして私のトランジットとプログレスとネイタルをみたところ
とても悪いどころか、変化して発展する可能性の時期です。

そして

治療軸関連のハーフサムに問題なし。
死の軸(火星/土星)にコンタクトしてる星もなし【してたら、死を迎える可能性が出てきちゃうので、これも避けたい軸です】
病気軸関連は、多少、星がコンタクトしている軸がありましたが、
実際、うつ状態、という診断が継続中であるがため、
そういう状態である、環境整備、というものを示しているものと思われます。

そういうのもあって、ようやく私は手術を受け入れることができたのでした。
スポンサーサイト
[2016/08/06 11:15 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<スピリチャル的視点からみた胆石が出来た経緯9(完結編) | ホーム | スピリチャル的視点からみた胆石が出来た経緯7>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seraphme.blog.fc2.com/tb.php/551-6d390fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。