FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ミルーンの旅紀行





グアム編〜観光

〜グアム旅行〜

2002年秋に実母、私、子供の3人で、3泊4日のグアム旅行に行きました。目的はイルカウォッチングでした。

〜グアムのトイレ〜

中国に行ってから、というもの、私はトイレ評論家になってしまったみたい・・・(笑)

というのは、冗談ですが、アメリカサイズのせいか、どこも個室が広々としていて、使いやすかったです。やっぱ、うちは、母子ともども、体がビックなものですから、個室が広いことはすばらしい!グアムの空港で入ったときは、車椅子の方が、どの個室に入っても、用が足せるんでは?と思ったくらいの空間でした。

清潔で、広々、洗面所もひろく、節水対策なんでしょうか、水が細かいシャワーのように出て、すぐに洗い流せて、水を無駄遣いさせない工夫になっていて、よかったです。

〜現地の人の性質〜

グアムはアメリカ領なのですが、もともと、ポリネシアン民族の人たちが住んでいました。こちらも、南方人のせいか、おおらかな広い心、大雑把なところは、中国人とよく似ています。さらに、彼らは、陽気で、のんびりとしていて、暑い気候のなか、汗かくのを嫌がり、歩くのを嫌がっていて、さらに大食いの肉食をしているせいか、みな肥満体が多いようです。

私も、この地域なら、標準の体形かも、っておもいました。(笑)




〜観光地〜

グアムは免税の土地で、ブランド物はかなりお安いようです。けれど種類が少ないようにかんじました。私はファッションブランド詳しくないのですが・・・・。

ショッピングセンターとホテル街を往復するバスの無料パスポートをくれました。どこへ行っても、買え、買え、買えでうるさかったなぁ。そんなに買い物を大量にするんですかね〜日本人は・・・。

日本語通じる、日本円使えるってことで、便利は便利でしたけれど、な〜んかね、商業主義というか、中身が薄っぺらいかんじの商売の仕方だったなぁ。

なんか、無理やり開発したみたいで、いろんなレストランとか、スポットを作ったみたいだけど、入場料とか結構高かったな。完全に、観光人相手、しかも、その対象は優良観光客、つまり、日本人向けに商売しているようですね。

あと、入るところ入るところ、すぐに写真をとられて、出口付近で、さっき撮った写真をかわないか?といわれるのには参りました。

デジカメなので、コンピュータに保存して、すぐにプリントアウトできるから、フイルム代がかからず、商売としては、損失がないから、うまい商売のやり方だと感心させられました。(・_・;)


〜グアムの自然環境〜

海はきれいで美しかったです。しかも、「水資源を守るために、ホテルでは、最小限の洗剤を使い、できるだけ汚水を流さないように努力しています、バスタオル、手ぬぐいなどで、洗濯が必要なければ、出さないことにご協力ください」、という注意書きが、ホテルの部屋にありました。だから、私たちもできるだけ出さずにして、4日間のうちで、毎日とりかえてもらったのは、びしょびしょになった、バス足ふきマットだけでした。


まあ、暑い土地ですから、水不足にならないような配慮もあるんでしょう。あまり特産物がないところですが、自然環境を守るためには、海を汚さないことだと、現地の人たちは気づいているのでしょう。

グアムは、海という資源のみで、観光しているようなものですからね。

(イルカウォッチィング、マリンスポーツ、海水浴 など)


食事

食事は、すっごくボリュームありました。大食いだと自覚している私でさえ、腹いっぱい、満腹度120パーセントと感じました。(笑)

子供のハンバーガーセットは、日本では大人の食べるセットだとおもいます。肉はオージービーフでとても美味でした。セブンイレブンによってみたのですが、ミネラルウォーターのボトルが1ガロン、っていう単位で売っていて、とても大きかったのを覚えています。


ホテル

ホテルは高級リゾートホテルで、とてもすばらしい設備でした。旅行会社と航空会社、そしてホテル側、グアム観光サイドと組んでいるみたい。それで、パッケージツアーがあって、とても交通費と宿泊費込みはとても安かった旅でした。けれど滞在中にいろいろお金を使うシステム(必ず、1日一回はショッピングモールへ案内する、写真を撮られる、などということね)になっていて、その商魂のたくましさに、逆に笑っちゃうくらいでしたよ。

あ、でも、中国でもおなじだったかな?どこでも、観光客狙いの商売があるものなんでしょう。


最後に

グアムは日本語が通じますし、日本語が通じないところでも、片言の英語でなんとか意思の疎通ができるので、行きやすい観光地だとおもいます。次回、また行ける機会があったら、スキューバダイビングのライセンスなどとって、海の中をみてみたいな、とおもいました。


スポンサーサイト
[2010/07/14 20:09 ] | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<努力しなくていいの言葉の裏にある真意・・・(月おとめ) | ホーム | なんか面白くなってきた(月おうし)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seraphme.blog.fc2.com/tb.php/499-eb026939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。