FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Want to と Have to(月しし)
本を読みました。









けっこう、カタカナ(つまり、英語)がでてくるので

読みにくい とおもってしまうところもありますが、



なかなか、面白いです。



NLP(神経言語プログラミング)プラクティショナルマスターである

私からすると、とっても面白い。







本で書いてある コンフォートゾーン にはいる のは



NLPでいうところの ピークパフォーマンスに入ることなんだろうな、とか



いろいろ かち合う部分があります。





で、ここで改めて認識したのは、



Want to と Have to



の違い。



Want to(~~したい)でうごくか



Have to(~~せねばならない)でうごくか・・・



の違いです。





仕事だとどうしてもHave to(~~せねばならない) で

うごいてしまうと、情熱ややる気はそがれます。



義務感なので、いやいや動いてるのでしょう。



だから、ウツとかの病気が 蔓延してる原因になるのでしょう。









けどWant to(~~したい)でうごくとなると、



どうしてもそれが、Want to なので



そこには情熱とやる気のモチベーションが維持されています。

やってて苦痛じゃなく、むしろ うれしい、楽しい 感じ。









よく、スピリチャルな世界では、



ワクワクすることをしなさい、というけれど



ワクワクすることがわからない、って言う人は、昨今増えちゃっています。



やりたい事がわからないって言うのです。



それは、たぶん Want to がわからないというより、



Want to にいたる 動機がわからなくなってるんだと思います。





だから、その動機にあたる、未来のなりたい自分 の目標





それを元に、今の自分がしたい事、ってなんだろうっておもうとよいみたいです。



コレも、その本では、



時間は未来から現在にながれる、というたとえで 説明されてます。





まあ、これも生成NLP の演習テクニックですがね。









ずっと同じことしてると、それが単なる義務であるHave toになるから



気をつけて、とも 本の中にありました。





なるほど~



なんかね、この間、ケンカして仲直りした話を書きましたけれど、



http://merune.blog.shinobi.jp/Date/20100506/1/







実はその後、またその人と口論になってしまいました。



その人は、仕事で英語が必要らしいんですが、

その勉強をどうしたらいいか、について私に聞いてきたんですが

(一応、ミルーン 英検2級ね あんま、活用できてないけど(笑))



なんかアドバイスしているうちにケンカになったところもありました。







その人は、英語を 勉強するとは、決めたというのだけど、

愚痴ってくるので、



私は、決めたというのに、愚痴る矛盾もあったから、



逆に その愚痴である否定的なエネルギーをうけとらなかったので

ケンカになってしまいました。







ま、うまくリフレーミング

(NLP用語で、それまでの出来事を新しいポジティブな概念でみれるようになること)

できなかった 私が失敗したのですが。





でなぜ、愚痴ってくるのかその場ではわからなかったのですが、



その人は、結局したくはないけど、英語勉強しないとクビになりそうだから、という

恐れでいやいや勉強するようなんです。



つまり、

Have to ですよね




だけど 本当はその人は、I don't want  to learn English.

だったんですね。



私は英語を学びたくない 



だったんですよ。



ちなみに want toは ワナ って発音です。

アイ ドン ワナ ラーン イングリッシュ って感じ。





あ、話それたか。



で、この本から私が おもったのは、その出来事 も そうなんですが、



最近の私自身にも 当てはまるのかな、とおもいました。









なんかねぇ I want to  アイ ワナ 少なくなってた感じかなぁ。



やりたい!っておもうこと少なくなってしまってました。



I have to   アイ ハフトゥ でやってしまってたことありましたね。





だから、多少、つまんないなぁ っておもってたこともあったんです。



モチベーションあげるにも、その動機が薄れてたのかもしれません。













で、やりたい事をやれ、好きなことをやれ、わくわくした事をやれ、



っていうのは 



スピリチャルの世界で 口をすっぱく言われることですけど、



つまりはI want to  で 生きろってことですね。





したいか、



したくないか、





人生の選択は それだけです。





でも、したいか、したくないかを決めるのには、



自分というものをチャンとわかっている必要はあるのかもしれません。



自分の才能とか、能力とか、器とか・・・

そういうのは客観的にはかるのは、占星術だったりはしますけれどね。









ミルーンもね、自分の人生ふりかえり、多少後悔することもありますよ。





あの時、ああしなきゃよかったとか、一瞬後悔しそうになりますけれど、





ま、その後悔をひきづるより、



これからは 今からは、自分の選択で決めたらいいんだと



おもいなおしましたよ。





他人がどうこういっても、結局 自分の人生



自分が考えた選択肢を 突き進んだほうがいいとおもいます。



わがまま?



自己中心的?





けど 結局 わがままに生きてる人のほうが幸せだったりします。



わがままに生きながらも 自己責任で 生きていけば、



すごくカッコイイ生き方。





なかなか、出来なかったですけどね、ミルーンも 

自分での選択を 採用されなかった。



特に、



結婚してたときは、家族、特に夫の許しとかがないとだめなこと



多かったから、



だから 離婚したんです。



他人があれこれ干渉してきて、



それを許しちゃってるのもある意味自分の選択。



今は、逆にそうさせない、距離感を 家族に 置いているので



I want to~~



で いつも 生きていこうと思います。



あ、それと、この本にも書いてありますよ。 



まず自分が幸せな気分でいること

自己中心的でもかまわないって











その他にもいろいろ本はでてます



引き寄せの法則





今日は 月 がししだけに 誇り高く、気高く、決定したことに愚痴らず

また、

引き寄せの法則として、

自分がそういう波動(ま、オーラかな?)をはなつことで

成功を引き寄せる選択になっていくのかな、



ということを 書いてみました。



では~

ブログランキング ポチっとな↓





人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[2010/05/20 18:47 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
<<被害者意識を手放すには(月うお) | ホーム | ホ・オポノポノ のその後・・・(月みずがめ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seraphme.blog.fc2.com/tb.php/492-efd1d99a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。