FC2ブログ
マーフィ博士とNLPの関係性(月ふたご)

人生は挫折もおおく、悩むこともおおいけれど、



その

悩む過程も 大人になるためのステップかもね。



悩んでいるのではなく、どうにかしようともがく時期もありますよ。



だって、魂の修養に来ているんですから。







袋小路にはいっちゃったら、今までの考え方ではいつまでたっても脱出できない。



だから、ちょっと違った方向で、方法でみなくちゃならないとおもいます。



頭の中のフィルターをはずさないとね。







それが、リフレーミングですね。



発想の転換、

額縁のかけかえです。



マーフィ博士の成功法則



も、考えてみればNLPですね。

リフレーミング、 できると思うこと

アンカーリング、 できると思う気持ちをアンカー【碇を下ろす】

そのために、サブモダリティーをいじってます。

それは、視覚、聴覚、体感覚(触覚)を通じてね。



未来の成功している自分の姿の、見ているもの、聞いているもの、感じているもの、

匂い、味、肌触り、感情、湿度、温度、といった体内部の感覚、を体感してもらい、

それを現在の自分がありありと浮かべる。



それが現実とおもえるくらいまで、何回もアンカーリングするわけです。

これは、ピークパフォーマンスをずっと維持するNLPのワークに

似てますね。



喜怒哀楽、私も激しいですよ。

感情は、どうやっておさえるかということもありますが、

感情が爆発しても良いから、そのあと、冷静になって分析したり、

考えてみることです。理屈でね。



それは、第三ポジションにたつ、(客観的立場)になることかもしれないし、

あるいは、第二ポジション(相手の立場)にたつことかもしれません。



自分が苦しい、悲しい、怒っているという中にいるのであれば、

それは、ずっと第一ポジションのまま、自己中心的にいる感じですから。








スポンサーサイト



[2007/08/08 03:51 ] | NLP | コメント(0) | トラックバック(0)
<<鏡の法則(月さそり) | ホーム | 占い師が教える恋人ゲットの法則?(月ふたご)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seraphme.blog.fc2.com/tb.php/334-85e50084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |