FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
すべてのことはちょうどいい具合に進んでる
長らく、放っておいてすみません。

なかなか書きたいネタがありませんでしたのと

ここ最近の私は、睡眠障害(不眠症)を持っているもので、

あ、書きたい!とおもった時が、午前3時だったりすると

あ、やめとこう、寝よう寝よう、と 自分を優先してしまっていました。

そのまま書くと、午前6時や7時まで起きてることになるからです。


今日はまだ、午前0時なので、さっさと書こうと思います。


で、今日は(厳密に言うと、もう昨日のことですけど)
これまた久しぶりに マッサージに行ってきました。

なんでかと 言えば、直観的に 行きたいと思ったからです。

理屈はありませんでした。


インナーチャイルド(NHK出版 ジョン・ブラッドショー著)によると
マッサージは、
乳児期のインナーチャイルドを 癒す方法の一つとして挙げられています。
おそらく、身動き取れない状態で、お世話してもらうのは
赤ちゃんの時の自分を思い出すからなんでしょう。

もしかすると、私の乳児のインナーチャイルドちゃんが
癒しを求めていたのかもしれません。

担当者の方は、「これで力加減はどうですか?」

とききましたが、私はちょっと物足りないかな、と思いつつも

ま、これでいいのかも、とすぐに思って、「それでちょうどいいです」と

答えました。

結果としては、大正解でした。

マッサージが終わったとき、大分足が軽かったからです。

何が言いたいのかというと、

すべてのことは、ちょうどいい具合に進んでいるんだな、ということです。

あの時、私が 「もっと強く!」といってたら、違ったことになったかもしれません。

足の疲れはとれても、なんだか、だるく感じる、

もみ返しのような状態になったかもしれません。

直観的に選ぶこと、
そして、その結果はいいものだと信頼しておくこと
そうすれば、
必ず いい結果を選んでいくんだと思います。

私は、その担当者さんは指名もせず、今日が初めてでしたけど、
そのマッサージ屋さんは、信頼しているので、誰が担当になろうとも
私にピッタリの人が来るだろうと、最初から信頼していました。

なので、なんとなく、いったマッサージでしたけど
結果としては良かったのでした。

宇宙に上手にお願いする法 の著者 ピエール・フランクも 
直観で生きる事の大事さを本で書いてます。

ま、その下には、宇宙への信頼があるからなんでしょう。


いろいろ書きたいですけど、今日はこのへんで。

スポンサーサイト
[2012/06/11 01:04 ] | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。