FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ミカエルからのメッセージ(月おとめ)

心が疲れてるってさ。



日本人全体的に。



けっこう豊かな生活 なのに



別にお金持ってないわけじゃないのにって。



生きているだけで豊かだって

感謝の気持が大事だって。





心が疲れちゃってるから、不況感から 脱していけないってさ。





天使 ミカエルが言ってました。





お金が貯まらないとかいってても、



好きなもの買えて、自由にできるなら、



それはそれで、幸せなこと。





ミルーンが 勝手におもっていることですが、



たぶん、お金というものは そのうちいらなくって、

そういうので生活しなくていいようにはなると思う。



おそらくね・・・





でもそういうのは すぐにはこないかな、



明日、そうなります!って いうのは、いくらなんでもないでしょう・・・





それは



数年後におこるのか

数十年後に起こるのか・・・



人類の意思の選択によりけりでしょうね。



ただ、数年のうちに、 



地球のどっかの地域では、 とうに 貨幣制度を廃止して

それでも生活できる仕組みをつくって 運営できるコミュニティーは

うまれているかもしれません。





ただ、お金って便利だとおもうな



お金で 交換できる仕組みは すごく便利。



食べ物、都会に住んでるわたしたち、自分でとってこれない。

栽培したり、狩りしたり、漁したり、できない。



仮に出来たとしても、それだけで一日が終わってしまいます。

今の仕事をするヒマがありません。





だから、私の代わりに 育ててくれた農家の人

漁をしてくれた人

家畜を育ててくれた人

たちに 感謝し、



それを運んで、お店で売ってくれる人へ



感謝して お金を使うべきなのに



うわ!高いなぁ~~~野菜!肉!日用品!!

とかいって



不平不満で 使うと 



ますます貧しさを意識し、関心を寄せ、引き寄せてしまいますね。





考えてみると、傲慢ですね。



苦労して作った野菜とかなのに、

値段が上がるのは、たぶん天候とかのせいで、どうしようもないこと

それでも、農家さんたちは、作物を 都会に住む私たちまで、流してくれてるのに、



高いなぁ~っとか 恨んだり、してるのは、



買う側の傲慢さかもしれません。









引き寄せの法則は





意識する→関心を寄せる→関心が強くなる→引き寄せられる。



っていう シンプルな原則ですからね。



だから、不安でものごとをみると ネガティブな状況を引き寄せてしまうかもしれません。





なので、引き寄せの法則で 幸せな未来を引き寄せるには



先ず、満たされた幸せな気分になる→楽しいことワクワクすることを意識する→関心を寄せる→関心が強くなる→引き寄せられる



ってことですからね。





新聞とか読むと確かに 不安材料がありますが、



とりあえず、まだ起こってもみない 未来に心配をしても

しようがありません。



この世のものは、すべて エネルギーなので・・・・







貨幣も また エネルギー。



いいエネルギーをだすと いいエネルギーとして戻ってくる。

感謝の気持で お金を使うと たぶんすぐ 戻ってきて

また、私のほしい物のために動いてくれる、働いてくれるエネルギーとなって

戻ってくるとはおもいます。





入ってこないことを前提にしてると

どんどん 否定的になりますが

楽しく 使うと 楽しく入ってきますね。



引き寄せの法則ですね



豊かさを引き寄せる



楽しさを引き寄せる



その結果、それをするための道具としてのお金が寄ってくる



また、(お金を)放して

また (お金が)寄ってくる

の繰り返しで いいのかもしれません。





ポチッと↓



人気ブログランキングへ









 


スポンサーサイト
[2010/06/19 17:06 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
被害者意識を手放すには(月うお)

よく、スピリチャルな世界では、許しなさい



といわれるけれど、





同時に、自分で正直であれともいわれます。





だから、許せないのに許そうとするのは



正直な感情とは相反するかもしれません。







無理にそのネガティブな感情を抑えつけて



抑圧して無いフリをするのはむずかしい・・・。









だから

人を許せない時は、別に



無理に許す必要はないかもしれません。









怒りなどの激しい感情は



深いものなので、





特に親に対する怒りなどのネガティブな感情の場合、





ン十年も 過ごしてたので



なかなか手放すことはできないかもしれません。





1日や数日や 数週間くらいでは・・・





けれど、最終的には 許したほうがいいにはきまっています。

自分がラクになれるから。





でも、でも





許すということは、どういうことなのか?



どこまでいったら、許し た といえるのでしょうか??







たとえば、完全に同化するような、



お母さん(お父さん)もタイヘンだったよなぁ~



だから子供である私にああいう仕打ちをしたのは仕方なかったんだ、



までは いけるかどうかわかりません。



このレベルまでいければ、完全なる許しです。



神の愛 といってもいいくらいの愛と許しでしょう。





けれど、



どうしたって、人間である 私の部分、感情を持ってはいます。



だから、大抵は、



そうはいったって、あいつのやったことはひどいことだった、



被害をこうむった私がいる



あいつのせいで、わたしはこうなんだ、



許せない・・・





という 思考回路には陥りやすいです。





被害者意識の自分です。



何を隠そう、かつての私もそうでした。



ミルーン自身のインナーチャイルドヒーリングをみてもらうとわかるのですが、



習い事を週6日もやらされてたのでアフタースクールで友達と遊べなかった、

友達がいなくて寂しい(8歳以降すべての私)



遊びたかったのに、遊べなかったとか(10歳の私)



本当はバレエのほうがやりたかったのにやらせてくれない(10歳の私)



やめたいといってるのに、聞き入れてくれなくて日本舞踊を延々とやらされた、(10歳の私)



中学受験をしたので、1年間で10キロ体重増でそこから肥満人生が始まったとか(12歳の私)



入った中学校が変な校則ばっかりで自分に合わなくて

なんでこんな学校のために肥満にまでなって入ったのかわからない(14歳の私)



とか・・・





いって、思春期からずっと 母親に反抗し続けていました。



けんかすると、そのような言葉を母親に言い続けてましたね。







今のセラピストである大人の私から みると なんか、 笑っちゃう感じもあるのですけど



それぞれのインナーチャイルドの年齢である 私からすると、切実かつ 正直な感情と思考です。







だから、その思考回路にはいってしまう、パターンになってしまうのはわかります。





そうやって、自分が加害者だとおもってる当人(母 or 父)を責め続けることも出来ます。





けれど、そうしても 問題は解決はしません。





気がついたのですが、



あんたのせいで、私はこうなった、病気になった、~~を失敗した、~~できなかった。



といってるとき、



被害者だとおもっている自分は、



コントロールを奪われています。



コントロールを預けてしまっているのです。



加害者に対して
です。



まあ、仕方がありません、



加害者から、今まで、散々、こうしろ、ああしろと、支配(コントロール)されてきたのですから、





自分が自分で人生を決定付けれる コントロール力があるんだということに

気がついてないからなんです。



こういった理由をあげて、相手を責めてしまうのはね。







人のせいにしないで、自分責任で生きましょう、というときに、



被害者だとおもってた自分は、





ええ?自分で何でも決められるの?自分で何でもやっちゃっていいの?っていう



戸惑いがでてくるんだとおもいます。





それは、おそらく、親との関係において、形成されたインナーチャイルドちゃんなので、



そこのところを 癒したほうがいいとおもいます。





だから、被害者意識を手放すためには、



許す云々よりも、





あの人は、そういう人だから、仕方ない



けど、これからは、



あの人にわたしはコントロールを奪われない、



あの人がなんと言おうと、どういう態度や行動にでようと、



私は、私のやりたい事をやる、



人に左右されないで、自分で自由に物事を決めて生きていく人生を選ぶ






といった新たなる決心をし、







あの人にされたひどい仕打ちにかんしては



心という部屋のスペースがあるならば、



段ボール箱に詰め込んで 部屋の隅っこのほう、押入れの奥に



入れておくことにすれば、



いずれは、思い出すのも困難な、ほうっておいておける出来事になれるのでしょう。





これは、NLP(神経言語プログラミング)における

リフレーミング です。











そのためには、幼きときの自分(インナーチャイルド)にあって、



その子の本当に感じてた感情をネガティブでもポジティブなものだったとしても



大人の自分が 理解と共感を示してあげること、





その上で、実際の 親との 距離を 離す 境界線をもうけることが大事です。





今日は、うおのサインの月



うおは 他人のことを自分のように取り入れてしまう性質ですが、

境界線をひくことの大事さと、

うおは 水のサインなので、水は感情を表すので

感情を 否定しないで、流すことの大事さ 



について 語ってみました。



では~



ブログランキング よろしければポチッと↓





人気ブログランキングへ




[2010/06/05 17:34 ] | インナーチャイルド | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。