スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
占いで出来ること出来ないこと(月かに)
今日の鑑定で、



お客さまに



人を好きになれないんです、といわれました。





けど、それって



はっきり言って



占いの問題じゃあないからねぇ。





心の問題なんだけど





いうならば 魂の問題 なので





前世療法が必要かな。





男女のつながりは かならず 前世での縁があります。



というか、人間関係のつながりが 前世、どこかの時代でのつながりがあって



再び今世も 出会えたからです。





輪廻転生しながら、 魂の修養がされていく。







だから、人とのつきあいって大事だよ。



邪険にしちゃいけないよ。





けど人間関係のつきあいで、



負をもたらすものと

正をもたらすものと



両方あるから、





どうも自分へ 負ばっかりもたらしてるとしたら、



やっぱり原因となってる過去、を見る、体験する必要があるかもね。





そのために前世へ戻る必要はあるかもしれないねぇ。





といいたいのですが、



いかんせんたかだか2~30分の鑑定で、それを説明するのもタイヘンだし、



そもそも、



それがわかるかどうかが もどかしいところです。







わかる人にはわかるけど

わかんない人にはわからない。





それも 時期もあるしね。



成長具合によって、昔わからなかったことも今わかるようになるしね。





私も今のフィットネスの知識を20歳のあのときの私に伝えたいです。



そしたら、無駄なお金 痩身につかうこともなかっただろうなぁ。





って話がそれましたが。





けど感情的に内にこもっていてもしょうがないので



前に進む必要がある。



かにという性質の一つに、



自分の思い通りにしないと感情的になる

そして、感情的にひきこもる





というのがあるけど、





全てが思いどうりに出来ないのが人生ですからね。





だから過去を振り向かないで未来を見てすすむしかないのでしょうね。



よかったら↓ポチッと





人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
[2010/02/26 04:55 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
現実と理想(月うお)


独身者の相手探し、既婚者より外見や情熱を重視する傾向=調査

 [ニューヨーク 9日 ロイター] バレンタインデーを前に発表された調査で、交際相手を募集中のシング..........≪続きを読む≫



たしかに・・・



長く独身が続くとですね、



パートナーにと 求める



期待値が 大きくなる傾向は あるようですね。





占いしてますと、 鑑定でお会いする方に、



ほんと そういう方が 多いですよ。









外見もよいこと



性格もよいこと



持ってるもの(収入とか、財産とか 不動産とか、地位とか、身分とか)



そういうのへの 期待度が高まっちゃう傾向はあるようです。





けどけど、



残念ながら、





年を取ればとるほど 理想は高まっていくのに反比例して



現実は 劣化していく一方ですね。





なぜなら、自分も劣化していく事に気付かないからです。



特に外見面は、老化という 劣化が 少しづつではあっても進んでいってしまってます。



その代わり、大抵は、内面が磨かれていってるはずなんですが・・・





いかんせん、



相手に理想を求めるがため、



自分自身の中の理想を高めて、向上していくことが 出来てない方も





多かったりして・・・



(人のこと、あれこれ 批判できる立場にない 私ですけどもね~ 



占い聞いてると どうしても第三ポジション[客観的立場の人] できいてますからね)







まあ、客観的に なる 必要もあるのかな~と思います。







元彼という人も 



なんだかな~とおもってたことがあったんですが



違和感を 感じてたところが、



別れて しまった今、



だんだんとわかってきました。



俺は モテる というのは 単なる自慢かもしれないですけど、



昔 芸能人にならない?って声かけられたという話があったんだそうです。



今の(おっさんの)容姿だと信じられないですが、昔の写真をみせてもらったときに

まあね、そうだね~昔はイケてたね、とは思ったんです。



で、彼の自慢話は続き、



松島菜々子 そっくりな人

藤原紀香  そっくりな人

荒川静香  そっくりな人



そういう美人が昔の彼女だったらしいですけど、



今別れちゃったんでしょ!って私は思ってました。



しかも相手から別れようといわれて離れてしまったんじゃあ、



あなたに引き止めておく 力がなかった、

魅力がなかったのでは?と思ってしまい・・・・



外見は(イケメン?)ともかく

内面に問題があって お別れされてしまったんでしょう~って



おもってました。



それを 今カノ である私の前で言うこと自体が、



なんか男らしくないというか、未練あるのか、



たぶん冗談なら、冗談らしく ギャグの落ちがあると面白かったんですが・・・



そういう話をきいてると、

占い師でもある私は、やっぱり第三ポジションになっちゃって、







見ているとですね



独身で40過ぎ もう アラフィフ にちかくなってきた彼は、



ある種理想が 高くなりすぎてるのだな と思いましたです。









母親の愛情に飢えてたので、子供として非常に愛情を欲しがります、

駄々をこねて、それを満たして欲しいだけ。

ですが、

愛情を与えられた経験がないので、自分から愛情を与えることが出来なかった



みたいです。





現に、自分は何も与えないけども、

相手から欲しがり、エネルギーを奪っていくので、



結果として、 彼女であるミルーン自体も疲れてしまい、



それが 別れる原因となったとおもいます。









前世療法を教えてくれたカエタノさんが言ってたのは、



この世はすべて エネルギー交換



セラピストとして提供したエネルギーの対価として

クライアントからもエネルギーをもらう



それは、大抵は、お金 という形になるのですが、



お花でも、コンサートチケットでも お米とかでも

いいと





いう話でした。





そういうエネルギーの等価 が成立しないと



疲れる関係になります。



元彼は それがわかってないからこそ、



世間的に イイ女である 彼女達も



疲れてしまって 離れてしまったのではないかとおもいます。











ほんと イイ女じゃない フツーのオンナである ミルーンも





オンナであることの対価 は結構払ってますからね。



永久脱毛とか

痩身とか



その中で 成果が継続してるものもあれば(たとえば脱毛)

継続できていないもの(痩身)とか



ありますけど(笑)





それでも、トータル



ん百万 払ってきましたからね~。・





あはは。



世間的にイイ女で通ってる人は、ミルーンの何倍も何十倍も

たぶん、払ってきてるとおもいますよ。



そんな芸能人ばりの モデル級に美しい人とつきあうなら、



男性も すごく楽しませる工夫をしなくちゃならないはずで、



やっぱ、そのための対価 エネルギーは



お金ということになるんでしょうね。



けどその元彼 どこかレストランにいくとかもなかったし、

バラを持ってくるとか

そういうロマンチックな演出もしなかったし、





逃げられて 当然です。





あはは。



私も逃げましたもんフツーのオンナですけども。






対価の見合う、バランスの取れた関係性が 人間関係にも通用しますね。





だから、尽くすのはいいけれど

尽くすのを求めてばかりで同等のものを与えてくれない人とは

キッパリ 離れるべきかもしれません。





よかったらポチっ↓




人気ブログランキングへ




[2010/02/16 15:12 ] | 恋愛 | コメント(0) | トラックバック(0)
親子の境界線(月みずがめ)



たまに相談で、子供が勉強しますかね~?



なんて質問がでるんですけどね。





そういう時どう答えたらいいものやら。







だから、ミルーンはいいました。



勉強しろっていってる限りは、お子さんは勉強しないでしょうね。



だって、勉強は強制されてやるものではなく、自発的にやるべきことですからね。



お母さんがガミガミ言っちゃうと、ガミガミ言ってる間はやりますよ、





けど、



言わなきゃやらない子になりますね。





だから、言わないほうがいいとおもいますよ、と



答えときました。





一般的真理といってもいいでしょうかね~









勉強をしろ!といってする子はいないんですよ。





というか、しろ!っと言ってる時点でこちらの(親の)負けですからね。





勉強は自主的にするもの、自発的にしようと思うように



仕向けられなかった 環境や 親が まちがっていたんです。





だって、イヤイヤするものに、楽しさがありますか??

自発的にやるというのは、そこに少しでも楽しさが あるから



自発的にやれるんです。









私、ミルーン は 割と優等生のほうで 生きてしまった ほうです。





特に小学生のころは真面目でした。





けれども、私は、親から一度も、勉強しろ!とか言われた覚えがないです。







宿題したのか?とか というような 催促とか確認なども

全然ありませんでした。







全て、親が、子供の自主性に任せていたみたいです。







というか優等生タイプだったので、黙っていても、この子はきちんと自分の責任を果たすという



暗黙の了解を 母親と自分との間でしていたのかもしれない。





かといって、弟にも 母親は 勉強しろとか 叱り付けてることはありませんでした。









ある日、聞いてみたんです。ふしぎにおもってね。





「なんで、うちのお母さんは、他のお母さんと違って、『宿題したのか?

勉強はしたのか』って全然言わないの?」



そしたら、母親



「なんで、私がそんなこと言わなきゃならないの?



宿題は、お前と先生との約束でしょ。母さんがなんで、それを聞かなきゃならないの?



勉強するもしないのも、お前の自由でしょ。学校でわからないことがあれば勉強したり、



調べたり、質問するのは、お前のことだもん。なんで私がそれを言わなきゃならないの?」





って言われたときに、



「ああ、そっか~」





と子供ながらに、小学生ながらに、

妙に納得しました。





母親は、一見すると、



私には関係ないこと と



突き放しているようですが、



実は、 私の自主性、自発性を 重んじて、信じてくれてたのです。





そこにある種の境界線 が引かれているんです。



勉強するのはお前、



私〈母親)ではない、







つまりは、



家庭で あるいは、親の役割に



勉強を見る!というのは 必要ない としたのでしょう。





勉強は、学校での領域。



たとえば、国語とか算数とかそういった知識を理解し、学び取るのは



学校の役目であり、教師の役目であるから、



その教師が 出した 課題、宿題に



親が口だす必要がないと思ったのでしょう。







私は、インナーチャイルドのトラウマのいくつかで、



母親を憎んでいたり、怒っていたりしていたところはたくさんあるのですが、



母親の利点をあげるとしたら、



でも、こういう態度で育ててくれたことだとおもいます。





なので、勉強しろと 強制されない分、



勉強自体に嫌な思いもなく、



むしろ、好きなほう というか、



逆に、興味をひくこと、一生懸命覚えたり、理解したりすることが出来ました。





弟も、小学生のころ、は宿題忘れた~とか よくやっていたようですが、





中学、高校と ちゃんとやるようになり、



結局、大学さらには



大学院までいくことになりましたからね。







親も自分の家でやるべきとをやって、



だらだらテレビとか見させずに



夕飯後はさっさとみんなでお風呂、



そして、果物とかたべて



9時なったらみんないっせいで 消灯して



寝てる家族だったんです。



夕飯から寝るまでのスケジュールが割りと決まってるので、



宿題も帰ったら私はさっさとやってしまっていましたね。





勉強をしないかどうかは、もう子供の勝手。



勉強しろっていってやるのだったら凡才ですよね。



凡才の子しか育たない。



けど興味があることととことん追求したら 秀才 になれる





あるいは、興味があることだけ集中してやると天才になるのかもしれない。





だから、自主性を引き出すような 生活の仕方を

しないとなりません。





親もたぶん、子供に対しての一貫性をもって接しないとならないと思います。



そのときどきで 右往左往 するような 変更ではなく、





軸にある



核にあるぶれない 設定で



いかないとならないかと思いますよ。



だから、



終始一貫性を貫かないとならないとおもいます。





親子の関係においてはね。





だから、母親は、子供達の勉強に関しては一切口ださないという終始一貫性を

貫いてくれたおかげで、



まあ、子供は勉強を 自発的にする人へと成長したわけですね。





よかったらポチッと↓







人気ブログランキングへ







 


[2010/02/13 02:12 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
孤独・・・(月てんびん)
さみしいんじゃない?



といわれて ドキっとした。





とっさに さみしくないと 否定したけども





なんか 胸の中心の奥が もやもや~





たぶん、否定してるけど、



本当はさみしいのかも・・・とおもったら



いたたまれなくなってきて・・・・



フラワーエッセンスを作っちゃった。





これで、セルフヒーリングとして、対応できる。





そういえば、



なんか 昔から、



幼稚園くらいから、さみしい  とういうことを 否定してた。



だけど、人との距離を保ってた・・・。





孤独が好きというよりも、



おそらく、両親がいつも大喧嘩してて、



そのネガティブなエネルギーが飛び交う中で、



感じない、という選択をしたのかもしれない。



また、距離を置く!という選択もしたのかもしれない。





だから、人から距離を置くのかも・・・と。





未来で見えた 私のイメージも



スタッフがいたとしても、 基本、自分は



一人!



ってイメージなんですね。



自由なんです。



これは、

指揮官や 隊長などをやってた時代が多いからでしょうか?





沖縄で 有名な手相を見る人がいるんですけども



その人からも言われた。



あなたはなんでも一人で頑張っちゃって

頑張りすぎちゃって



どうしてそんなに頑張っちゃうの?





って。



一人でやる、



一人で何でもやる



一人で全ておさめてしまう



というのは



手相でも出てるみたいです。







どうやら、この後の人生は



人に助けてもらう ことも 学ぶ人生なのかな~



ミルーンの人生後半はね。





とはいっても、まだ 今のところ一人で頑張るしかないのでしょうけどね。



手助けしてくれる人がでてくれるといいなぁ。



引き寄せのお願いにそういうのも書いとこうかな。




人気ブログランキングへ
[2010/02/03 02:30 ] | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。