スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
投資とリターン2(月しし)
昨日に引き続き、投資について。

今回は恋愛に関する投資です。



私は、占いする関係で

たまたまなのか、吉祥寺という土地柄なのか、

20代男性、全般的に、共通してるのがあるね。



まず、お金ないって言うこと。

お金がないことに対して、ある意味、開き直ってるのか、

デートにもケチるような感じが見える。







お金はねぇ、 みんな、若いうちからは、そんなに持ってはいないよ。



私の世代も、私のお父さんの世代のころも、みんな、20代くらいはビンボーよ。



けど、ビンボーでも、彼女には、デートのときのご飯代は男が出したし、

車のガソリン代とかも、なんとか自分で工面したのが、男ってもんだろうし。



なんか、悲観的すぎるんだよね。



お金がないなら、作る!

私たちの世代なら、そういう考えだった。

たぶん、お父さんの世代からずっと、そういう考えだったのでしょう。





今、不況とはいえ、サービス業なら、慢性的に人手不足。

ここでアルバイトすれば、デート代くらいはたまるでしょう。





私も22歳くらいのとき、ビンボー学生とつきあってた。

会計士になる勉強をするため、あえて、コンビニバイトだった。



ほとんどわたしがご飯作って食べてる家デートが多かったけど、

(もちろん、私が食材を買ってきたので私が費用もち)

外に映画見に行くときは、彼が支払ってた。



というか、彼が給料はいったから映画みにいこう、とか、

そういう感じだったんだけどね。



私も化粧はしてなかったから、

そういう意味ではファッショナブルじゃなかったけど、

ま、手作りのご飯は作ることはできた。

家で、たくさんご飯たべて、くつろぐのが楽しかったし。

いるのが楽しかった。





今の人は、相手に求めるのは基準はたかいのに、

それに見合った、自分の提供できるものは、低いかんじ。



たとえば、キレイな美人をもとめる男性は多いけど、

キレイに着飾ってる人は、

洋服やバッグや靴やメイクや髪型にお金がかかっているから、

そういうよそおいで、出歩ける、デートコースをつくって、

彼女に楽しんでもらえ、それを一緒に共有して、

楽しもうという気持ちでいかないとならない、ことに気付いてない。



そういうの、わかってるのは、たぶん、石田純一さんなんでしょう。

あるいは、元ホストのひと、城崎さんなのかな。





でも、これも 考えると

デート代をもつ、という投資が ある。

で、つきあうかどうか、3回くらいデートしないと、わからない。

(男女が親密になるには、3回の法則があるらしいですよ・・・

たいてい、コレを元に、テレビなどの恋愛ドラマは

展開されてます)



つまり、どういうリターンがあるのか、わからない。

最悪なのは、つきあえないってこと。

ま、これを3回もデート代だしたのに、つきあえない、損した、ということになるのかな。

でも、恋愛自体、損得 というのものでもないし。

これは、まるで、ミルーンが、痩身エステにいって、一旦はやせるも、

あとで、じわじわリバウンドしたのとおんなじでしょうか?

いや、たとえが、ぜんぜん違う感じ・・・(笑)



逆に、3回の間に、つきあってもいいかな、と思えるような要素を

出すための、男性にとっては、女性にたいする、

“俺のことどうですか~?”というプレゼンテーションの期間ということなのかもしれない。



そして、その後も、たぶん、おそらく、デート代は、基本、男性がもつ、

ということになるとはおもう。



そういうことが出来るかどうか・・・





基本、女性が考えてるのは、

デートは割り勘だと、あんまり、友達と飲み食いしてるのと変わんない。

女友達とかと出かけてるのと、大差ありません。



私のために、お金を払ってくれた、という感じがないと、うれしくないわけです。

アクセサリーとかも、買ってくれた、というのがうれしいわけです。

そして、買ってくれないと、なぜだか、その人に関して、

頼もしく感じられない=男らしさに欠ける と評価を下すわけです。

毎回割り勘だと、そういう結論に至ります。



お金がないのがわかってるならば、割り勘でしょうけど、

時には奮発しないと、やっぱり、気持ちはどんどん萎えてきます。



たぶん、この辺は、原始人時代から脳にインプットされた、

男は食べ物をとってきて、女に与える、というのがあるのかもしれません。

だから、デートのとき食事はできるだけ、おごったほうがいいとおもいますよん。

参考図書は以下↓







ま、そういうの、 ちょっと前の世代は わかってたんですが、

今の 20代 くらいの世代、つまり、’80年代生まれの人はちょっと

わからないのかな~。



最初から、すっとばしな感じ。



対価をはらわず、利益を得たい、というような・・・。



手順を 満たさないと、次のステージにはいけないよ。

まるで、ゲームをクリアーして、ネクストステージに行くような感じと

似ているのかもしれないよ。



知人で、気になる女の子に、

いきなり、彼氏いる?とか聞くらしいんですが、

ちょっとおかしいですよね。

彼氏いるかどうか、きかなければ、玉砕しないのに・・・

聞くから、警戒心増すのに・・・





彼氏いるから、って自分にもチャンスない、ってことではないですよね。



特に、マンネリ化したカップルなら、チャンスはあるかもよ。

って、小悪魔な女になる方法 の男性版 を伝授してしまいそうな・・・



まず、友達になっておいて、

いざというとき、頼りになる人だと思われるならば、

彼氏から、自分へくら替えされる、というのもありうると思いますよ。



現に、別の知人で、彼氏いる女性(年上)を

略奪愛(と、その男の人いわく)成功(?)した人いました。



でも、きくと、なんどか、デートしてたらしいですよ。



ディズニーランドとか、花火大会とか何度か、数回行ってたらしい。



その数ヶ月で、彼女は、長期間つきあってた彼氏と別れる決心がつき、

そして、その新しい彼氏とつきあうことになったんでしょう。



その間、彼氏とその彼女のことを散々聞かされたんだけど、

それにも、黙って耐え、いい友達として接してあげながらも、

一方で、この人といるほうが、楽しいな、という時間をたくさん与えたよう。



これが成功したひとつの例なのかもしれません。







スポンサーサイト
[2009/05/30 23:59 ] | 恋愛 | コメント(0) | トラックバック(0)
投資とリターン(月しし)
お友達がエステしているんだけど、



授業をしている生徒さんのモデルとして、

いきました。



施術場所は、お顔。



シンメトリーといって、骨格矯正みたいです。



で、生徒さんがチェックするんだけど、

左のオデコが右に比べて出てる。

左の眉尻が 右に比べあがってる。

目じりは一緒。

左の頬骨が 右に比べて出てる。

唇は、一緒。

左あごは、右に比べて出っぱってる。



ということを言ってました。



なんか、私の、左顔、ゆがみっぱなし?



で、施術うけるとね、なんか、かるーくなでてるというか、

全般的に、軽くやってるのよ。

かるく、トントンしてくれてる。



整体のイメージだと、もう、ボキボキ、バリバリって感じじゃない?



全然違う。

けど、マッサージでもない。

首のところ、オイル塗ったんで、そのときは、

すこし、マッサージ?

でも、マッサージというより、オイル塗付したときに、

すぅーと流しただけ な感じ。



で、1時間くらいたって、終わり。



もう一回かがみみると、

なんか、目の大きさも同じくらいに整い、

スッキリしてるんですよ。



すごいな。

で、終わったあと、彼女と食事したんだけど、



「こうやって、一対一で教えてるから、結構タイヘン。

みんなお金払って勉強してるけど、

ちゃんと、学んだ分、あとで、開業して、収入になるしね。

高ーいんだけどね」



なんてお茶目に笑ってた



たしかに、エステの習得は高いでしょうね。



推測するに、1講座50万円くらい払ってるんじゃないかな。



で、生徒さん、今回は 顔 だったけど、



オイル、とか

脚 とか

いろいろ 講座、項目を受けてるみたいで、それにもきて、といわれちゃった。



いいよ~ミルーンの脚ほそくなりそうだしと快諾しちゃいましたよ!





で、その流れから、お金の話になりました。



(あ、ちなみに私と彼女は大体同じ年頃ですよ。

彼女のほうが、2歳くらい若いかな。)



私が気になってるのは、若い子、20代の人で、

お金に対して否定的すぎるというか、

払うべきものにも払わない人も多いというか・・・。



こうやって、エステを学ばなきゃ、開業もできないし。

何かを得るには、なにか対価をださなきゃいけない。

大抵は、お金ってことになるんだけどね、

でも、それを出すのに渋るっていう人が多い感じかな。



「この間も、このご時勢だから、

1000円で占い、って吉祥寺でうらなったんだけどね、



(本当は、3000円から~が標準コース)



で、うらなった後に、



おきゃくさんが、『占いはどこか勉強されたんですか?

占い学校とかあるんですか?』



ときかれたんで、



『行きましたよ。占い学校に・・・』



で、『占いの授業料は?どのくらい支払ったか』ってきくので、



『そうねぇ・・・トータル150万くらい?』



っていったら、驚かれてました。



『え!そんなにするんですか?』とお客さん。





『そうですよ。そんなにするんですよ~1年半くらい通ったけどね。



その学校の独自の認定試験があったんだけど、



それ受けるにも何万かお金がかかって、しかも、落ちちゃったし、



そうこうしてるうちに、お店とかでるようになったんで、止めちゃいましたよ。



だから、占い師ほど、初期投資がかかる商売はないけど、



逆に、あそこにいったから、プロデビューできたんですよ



認定試験はおちちゃったけどね、何が幸いするかわからないけどね・・・





なんて冗談みたいに ミルーンは笑って答えたんだよ、」



と伝えたら、話をきいてる、エステの彼女も笑ってて・・・。





ミルーン自身も、金がない、とは思いながらも、今まで生きてきた年数、

いろんなものに使っちゃってきちゃったな。







21~2歳くらいのときに、某大手有名エステ。

最初ニードル脱毛に、70万くらい。

そこから、フェイシャルだ~ 痩身だってことになり、

結局トータル200万くらいつかったなぁ。

痩身は、リバウンドしちゃったけど、

脱毛は、生えてこないんで、よかったよ。

自分のワキについては、そのときから一切眼中にないし





で、もうちょっと大人になったとき、

別のところで、すねと腕も脱毛したんだよね。

光フラッシュ脱毛とかいって、すごく安かった(大手ではなかったからかしら?)

でも、15万くらいかな。あ、別のエステで痩身もいったんだ。

これが60万くらいかな。



なんのかんのって、一般人の モデルでもない私が、美容にお金かけてますね。(笑)



これが、藤原紀香さんみたいな美しさを保つことを求められる職業だったら、

もっともっと、美容にお金かけてるんでしょう。



で、

結局ね、投資しなくちゃ、リターンはない、ってことですよ。



しかも、リターンもいいか、わるいかも、やってみないとわかんないしね。

私も場合、脱毛は いいリターンだった。

夏とか冬とかかんけいなく、 ワキの処理に煩わされなくなったし。



コレは便利ですよ、みんな、ワキだけは脱毛を、受けるべきですね。



痩身は、もどっちゃったんで、意味なかったのかもとおもうけど、

私は、後悔はしてないな。経験してよかったんだとおもう。



やってたのは、

体温めて、代謝あげて、マッサージでリンパ流し。

あと、筋肉運動ってかんじ。



これが、のちの、

フィットネスクラブでも、やってたことと

おんなじみたい。温めるための有酸素→ストレッチ→筋トレ→有酸素





そんなことを話したら、





そういうのって、若い人だけじゃないんじゃないの、



そういうのわからなくて、ただ、値段が高いから、ダメとか、



お金を出すことに、否定的すぎる人は、もう、どうしようもないよね~



何かを学んで、それを生かすために、お金を使ったらいいのに 」



と彼女は笑ってた。



ほんと、可愛い彼女だけど、いつも的を得た答えをいう。







対価をし払った、自分に投資し続けた結果、

目の前の彼女は、



今、先生として、まかされて、一対一の授業で生徒に教えてるし。



彼女いわく、エステを学んで、それをもとに開業して、元はすぐ取れてる。



そう、何かを学んで、それをもとに、開業したら、(生かしたら)

いいリターンに なりえますよね。



でも、それも、やろう!という意思があってこそ 

生かせるのでしょうね。







[2009/05/29 23:18 ] | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
愛の情動。(月しし)

ああ、気になって、四六時中頭から離れないんで、

とうとう、チョン・ダヨンさんのDVDセット

買っちゃったよ~。



チョン ダヨン FIGURE ROBICS



さ~楽しみ・・・ダンベル届くの・・・(ってダンベルが欲しいのか、私?)



最近調子よく、毎日、コアリズムやってます。

昨日はカルディオジャイブをやったら、

今朝、軽く太もも筋肉痛・・・。



それでも、踊りたくてたまらない。



今マスターしたい踊りのDVDは

ラテンシナジー と

スイングセンセーションが お気に入り。



ラテンシナジーは たくさんの踊りのセクションがあるのと、

ジョントラボルタ踊りがあるのがお気に入り。



サタデーナイトフィーバーのときのジョントラボルタとD.T.I してる私。



D.T.I っていうのは、NLPでやったワークの一つで、

ディープ、トランス アイディンティフィーケーション

というもの。



つまり、なりたい憧れの人とか をモデリングするために

つかうテクニックですが、

それを、トランス状態で体験します。

トランス状態で、その人を呼び出すの。





ま、 私の個人セッションも、ある意味 D.T.I ですけどね。

前世体験 のあと、 守護の存在を呼び出すとき、

D.T.I をしてるわけです。



魔法使い がいるなら、

召喚ってかんじですかね?



ジョントラボルタ召喚です!降臨っていう言葉のほうがぴったりかな?



フ~!ヒップバンプ ヒップバンプ!

腕もフリフリ。背泳ぎ状態。(笑)



でも、毎日踊りたいんだけど、

体はまだまだ、きつい、動けてない。

だから、毎日どこか、軽い筋肉痛なので、DVDを

適当に選んで、昨日はカルディオジャイブにしたわけです。


楽しさから行動しないとダメですね。

去年は、あせって、行動してた。

太ってきたぞ、 ジムにもいけないし、

じゃ、コアリズム、って感じだったしね。

そんなんだから、買って2,3回くらいしか出来なかったんです。

やり続けること自体が苦しかったりね。







あ、そうそう、今読んでる本は



宇宙のマニュアル 偽りの限界を解き放つ「信念」の癒しパワー 



コレにとてもいいこと書いてあって、

思考、

感情、

情動、

信念



の違いを説明してくれてる。



詳細は本をよんでもらうことにして、



感情 フィーリング と

情動 エモーション は違う と定義されていて、



情動というのは、人を前に前に動かす力 の源 とあった。



情動というのは、大きく分けると基本は、二つしかない。

「愛」と

「愛の反対にあるもの」



だと。

「愛の反対物」は、 人それぞれ だと。

ある人は、恐れ かもしれないし、

ある人は 憎しみ かもしれない。

                      

と、書いてあった。



で、この基本 情動で 人間は動くと、書いてありました。





それで、私は

なるほどな~とおもったのでした。



愛 という情動から、 行動したものは、大抵うまく行く。



愛とは反対物の 情動から 行動したものは、

大抵(というは、ほとんどが)うまく行かない、ダメになるんだ。

あるいは、ダメになるのを避けるために、さらに必死こいてやろうとする。





私の場合の定義は、不安 なので、

去年の夏、徐々に増えていく体重をみて、



不安 という 情動から、行動したので、 コアリズム続かなかった。



そういえば、パステルゼリーもやってたんだよな。



それも、なんだか、私にとっては、効果なしでしたね。



イヤ、美味しいんですよ。ダイエット食品というより、全くデザートで、

ある意味楽しいはず。実際、味は美味しくて、楽しかった。



ただ、元が、不安 からの行動でしょう。



最初の慣れるまでの多少の空腹感、満腹ではない、腹5~6分ぐらいの感覚に

耐えられた人が、この置き換え食ダイエットは

軌道に乗せられるんですが・・・



どうしても、空腹感(私の場合、空腹感 そのものが不安の象徴 なんで・・・)が

あって、ダメでした。



フィットネスクラブ通いも、最初は楽しかったんだ。

何回腹筋できた!とか。

私へのセルフイメージが変わったんで。

運動オンチがこんだけ動けるって、うれしかった。



けれど、目的がダイエットだったせいもあり、

どんどん、体重が落ちだすと、

こんどは、数字の下降に注目しだし、



こんだけ動かないとと、やせない、と

動かないと太る、という不安に変わっちゃったので、



必死こいてて、 1日6時間も費やして、

結局、イヤになっちゃったのかもしれない。



だから、今は、愛の情動で行動しよう。

フィットネスクラブはいかないよ。







で、感情というのは、情動の動きに由来するものなので、

いろんな種類がある。

愛という情動から 喜びが発生し、楽しみが発生する。

愛でない、情動から、悲しみ、怒り、憎しみ などが発生する。



たしかにね。



さらに、

思考は、情動のナビゲーションシステムと書いてあります。



これだけ書くと、はぁ?って感じですよね。

だから、詳しくは、本をお読みになることを、強力におすすめします。

最初、物理的な話なんで、よくわからない部分ありますが、

中盤になると、このお話がでてきます。



 

ここに、引き寄せの法則を ちゃんと 実現するために

大大大原則があるんですよ。




思考は情動のナビゲーションシステムとは、

思考は、情動に方向付ける的確な方法で集中させるってこと。

これは、たとえば、



7つの習慣―成功には原則があった! 



でいうところの、ミッションステートメント は、そういいたかったんでしょう。





あと、情動を燃料にしない思考は、ただの思考であり、 それを私たちは“願望”って呼ぶ、

と書いてあります。

この定義だと、願望は叶いそうにありません。(笑)









引き寄せの法則 エスターヒックス+ジェリーヒックス 



は、よく、なにかを考えて、それがどのような感情を伴うか、

否定的な感情がでてきたら、それは、やりたくない、というサインといってますが、



この場合の感情は、エモーションのほうなんでしょう。



否定的情動がでてきたら、それはやらないほうがいい、というサイン。



たしかに。





まだまだ、この本に書かれている衝撃なことあります、

たとえば、



感情は、二つしかない情動ー愛か、不安か、のいずれかに燃料を補給された思考の結果。



効き目のないアファーメーションは、情動をともなっていない。



とか。





まだ、まだ、途中までしか、読んでないのですが、

目からうろこが落ちた!久々の本ですよ。



量子力学では「観察者の意図」が素粒子に影響を与えるらしいです。

つまり、自分の意図が、 観察実験物である、素粒子の動きに影響を与えちゃうのであれば、

私の体、私の環境、私の人生、あらゆるものに、自分の意図が影響し、

変化させるのは、簡単なことではないか、とおもいます。





この本を読んで、やっと理解できた。

引き寄せの法則も

7つの習慣も、



そして、 宇宙にお願いする方法

うまく行くわけは、力をぬいて、宇宙を信頼してる信念があるから。

大丈夫、宇宙は何でも叶えてくれる、という 信念ですよね。





あ、信念の定義についても、この 宇宙のマニュアル にあります。

信念は、情動(愛と不安)を超えたところにある、「内的警笛」 

とあり、さらに読みすすめていくと、「共鳴」となっています。





だから、宇宙にお願いする方法 は、 共鳴によって、引き寄せてるのでしょう。









マーフィの法則がうまく行く人は、アファーメーションに情動が伴っていたし、

イメージで、五感をフルにつかって、ありありと体験できたから。





いろんなところの本が言ってた、その漠然としてた法則を理解するのに、

まず、定義を与えてくれたので、

さらに奥深く、ストンと入った感じです。



情動と、感情と、思考を チャクラを使って説明してるところも、

わかりやすいです。



超オススメ↓















 


[2009/05/28 17:16 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
元気「インナーチャイルド」出てきた(月おうし)

母親に対する感情的問題についてとりあえず一段落。



今、講座受講生に、インナーチャイルドヒーリングしてもらって、

胸にプラグが付いてたのを発見。



母親が埋め込んだらしい。

取り除いて壊すも、何回もでてくるので、

最後に出てきたものに尋ねてみた。

そしたら、

これは前世からのエネルギーらしいので

とりあえず封印中。



そして、抑圧していた、自由気ままなインナーチャイルドちゃんを出すために

今の自分ができる楽しめることを やろうと決意!



去年の夏に買って放置プレイだった、

コアリズム、早速やり始めてますよ。



毎日!もう4日間だから、3日坊主ではないね~(笑)



20分~45分のバリエーションがあるDVDセットですから、

その日の気分に合わせてチョイスしてます。



スィング 楽しかったな。



そしたら、腹に肉が付いてるのが気になり始めて

(元々付いてますけどねぇ・・・笑)

筋トレしたくなりましたよ。

腹に肉付きすぎて、ダンスがおもうように、踊れないんです・・・(笑)

椅子に腰掛けると 妙にせり出してくる 腹部の皮下脂肪・・・・。





じゃ、また、フィットネスクラブ通いして、即効痩せ?



て一瞬考えたんですが・・・。



あの時は、1日6時間、フィットネスに時間割いてました。

トレーニング場には、3時間くらいだったんだけど、

シャワーやサウナ、往復の時間で、1日6時間くらいになってたな。



食べ物は、アトキンスダイエットで、

炭水化物 抜いてました。

糖質を計算して、 果物とかも避けてました。



で、空腹感はなかったので、食べ物に関してはタイヘンではなく、また

肉食&脂肪は絶たないので、かえってゴージャスな洋食料理になりましたから

豊かな食生活でよかったんですけど。



1日6時間が フィットネスに取られるのが しんどくなっちゃって・・・

でも、1年で20キロほど痩せましたけどね。



何でしんどくなったのかといえば、拘束時間の長さ。

つまり

イヤイヤお稽古事で通わされたた あのころの自分

小4のときの自分と気持ちがリンクしてたのでした。



お稽古事のスケジュールで、遊ぶ時間がない。自由になる時間がない、という気持ち。

そして、やりたくもないのに、やらなくてはいけない、という義務感・・・





つまり、今の自分は、

1日6時間の長時間の拘束・・・ もっと仕事とか、他ののやりたい事に時間割けないなという気持ち

痩せなくちゃいけないから、毎日ハードに運動しなくちゃいけない、という義務感・・・・







それと、全く同じなのでした。





だから、今度 私のインナーチャイルドちゃんのために、

必死こいての

フィットネスクラブ通いはしない!と決意しました。



でも、フィットネスクラブで教わって、やってたこと、

体温めるための有酸素→ストレッチ→筋トレ→有酸素運動

というのは、



筋肉をつけ、スリムな体になり、体力も増えた上で減量していく



という理想的なやり方なんですよ。



それを自宅でやりたいわけ。ジムに通うことなく、

効率よく。



すると、いまあるDVDだと、

コアリズム(10分でとめる)→ビリー→コアリズム45分

ってかんじでしょうけど、コレはきつい。



ビリー自体がきついんでビリーのDVD自体がやり遂げられない。



だから、ビリーに変わるものの筋トレ、

つまり、

自分で 腹筋とか、スクワットとかにしたらいいんだけど、



地味に回数数えたり、メニューこなしてくのも、なんだかめんどくさい。







その点、

フィットネスクラブだと、周りが黙々、体鍛えてるし、



鍛えられた筋肉美の男性がいると、すごいな~と思い、



また、バーベルで胸筋きたえるのに、100キロ以上挙げてるのをみたり、



レッグプレスで200キロの負荷でやってるのをみると



さすがやるなぁ~という感心 と ともに、変な憧れもあり、



バーベルは上げられないにしても、腹筋の回数なら増やせるかも、とか



レッグマシンは、私、60~70キロ平気でできるよ、



な~んて

私も トレーニングマシンを次々と使いこなしていってたんですが。



でも

自宅で一人だというと、なんか、怠けてしまいます・・・。





下半身用と

上半身用と

両方に分けた 筋トレのみのエクササイズDVDないのかなぁ。



そしたら、今日は下半身 

あしたは上半身と

交互に出来るから、

筋トレの時間が 短縮できて 効率もいい。





DVD付 モムチャンダイエット も持ってるんだけど、

モムチャンのDVD 不親切よ。

やり方だけ説明してて、 一緒に10回とかやるDVDではないわけ。



本では9週間プログラムとかあるんだから、

1週間目

2週間目







という項目でDVD構成してくれるといいのにな。

そしたら、何にも考えず、その項目を再生して、その回数を一緒に

チョン・ダヨンさんとやればいいんだしね。





とおもってたら、チョン・ダヨン さん 

ビリーや ジュリア&ヤーナ 達のように

DVDセット 発売してたのね。





チョン ダヨン FIGURE ROBICS

フィギュアロビクス というらしい。





どうしよー買おうかな?ダンベル付きなのが気になる。

というか、ダンベルが可愛い。

ダンベル欲しさに買っちゃうのは、ばかげてるかな?



けど、モムチャンの本のなかで一つ 納得できるのがあるとしたら、

体力が出てくると、日常生活が楽しくなるという点です。



たしかに、私もフィットネスクラブに通ってたときは、

睡眠時間も4時間くらいで、めまぐるしく活動してた。

眠っても、4時間くらいで起きちゃうんですよ。



たくさん食べ、たくさん動き、セッションがあっても、

時間が許す限り ジムに行って体動かしてきた。



血の巡りもよく、生理期間の体調も順調で、

肌のつやもよく、頭も冴えていた感じがしてました。

体はトレーニングで疲れてるはずなのに、

筋肉痛であったのに、

むしろ活動的だった。





体力がつかないと、気力もでない。

それはそうだな。

家事をやろうとして、たとえば掃除もさっさと出来ないし、片付けも

後回しになっちゃうもんね。



あと、アイディアが出てこない、っていうのもあるね。

なにか、やろう!という意欲がでてこない。

やっぱ、筋力は、大事なんだな。

筋肉を鍛えて、力を保存しておかないとならないのでしょう。



 月おうし だけに、家族と、食 について の話かな。





  


[2009/05/23 01:34 ] | インナーチャイルド | コメント(0) | トラックバック(0)
募集です。(月みずがめ)
インナーチャイルドヒーリングのサンプラーさんを募集です。





インナーチャイルドを催眠(瞑想下)で呼び出して、



当時言えなかった事、



当時の秘めた思い



当時隠してしまった 感情の抑圧



等に気付いてもらい、



ヒーラーと一緒に癒して、解放していきます。





コレがインナーチャイルドヒーリングの 内容です。







この場合、ヒーラー役が ミルーンが個人レッスンで教えてる講座 

「インナーチャイルドヒーラー養成講座」の受講生です。







基本的に、講座のタイトルにもあるように、ヒーラーとなるための授業であり、



「前世療法セラピスト養成講座」 を受けて、両方とも修了&卒業すれば、



ヒーラーとして開業できる、というツールを具体的に教えている講座です。







ですので、

受講生のために、サンプラー体験にご協力できる人を募集してます。



体験日は 授業のある、19日(火曜日)13時半~15時です。




ご興味のある方は、コチラをごらんになって ご連絡くださいね。











さて、今日の月のサイン 

みずがめ的気付きといえば・・・



そもそも、月みずがめ、とかミルーンのブログのタイトルにあって なんなんだ!っておもってました?



一応アストロロジャー(占星師)なんで

その日の月のサイン でしたのよ。



しかも、書いた時間、その瞬間の 月にあるサイン・・・。





みずがめ的気付き、といっても、

今日は、特になしだな。(笑)



まあ、あしたもみずがめなんで、

占い師 しに、 吉祥寺まで 「月の扉」までいきますし、



そのときなんか 気が付くかもしれません。







あ、そういえば、 エロい夢を見ました。



でも、これは、前日にみた、ウディ・アレンの映画

「誘惑のアフロディーテ」の 影響かとおもわれ・・・



ウディアレン演じるワインリフさん夫婦は養子をもらって、



その養子が成長すると とても才能秘めた天才幼児ぽいので、



生母に興味をもち、



調べた結果、娼婦だとわかる。



そしてその人に近づくわけですが、



その人の生い立ちや男関係やら、仕事の悪さなどから、



なんとか幸せになってもらおうと、ワインリフさんが



いろいろ奔走する物語。





で、このヒロインは、美容師の免許も持っているわけですが、



なぜか、自分を大きく見せようとして、女優(たぶん向いてないのに)を目指して



仕事なら、何でも 受けてるんですが、結局ポルノ女優どまり。



しかも、それでも売れないので、娼婦をしてるという話なんです。









そんな映画をみたもんだから、



その晩のミルーンの夢では、



男の美容師にエロく迫られましたよ。





やっぱり記憶の整理 としての夢ですね。



あまり、意味はないんでしょう。



いやあるのかしら?





今、わたくしが、魔法円を描き、故人のフロイトさんを召喚したら、



それはズバリ!性的な欲求の抑圧だ~とかうんたらかんたらと



夢分析を 言われそうです。



(でも、今世はわたくし魔女ではないんで、召喚の儀式できませんけどね)





イケメンに出会いたい、つきあいたいという潜在的な願望成就の夢?



(でも夢のなかで、カップル成立してたわけじゃないんで、それ成就してませんけどね)





月みずがめだけに、

逸脱したエロスティックな夢 



そういうところが、当てはまるのかな。



ま、ちと 強引に結びつけてしまったかしら。



では、お休みなさい。 あしたもよき日でありますよう。









[2009/05/15 23:27 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
常日ごろから気付きのメッセージはある(月やぎ)
先日から、オポノポノの話をしてきているミルーンですが。 



オ・ポノポノの本↓





で、自分の問題として、母親にたいしてのものが浮上してきてしまったのは



ここ数日のブログを読むとわかるとおもいます。





で、ごめんなさい、とか

ゆるしてください、というのは、私には合わないな、



そういう出来事が、実際、現実で引き寄せられてくる、ということはわかった、だけでなく、



母親に対して、怒りのほかに、



私は、長らく 罪悪感をもっていたのにも気付きました。





インナーチャイルドのときは、胎児の決断。

父親とケンカしている母親を知り、

生まれでたら、

私は、母親の邪魔をしないよう、手のかからない子になろう、

早く自立してしまおう、という決断
と、ともに

母親を煩わせないように、素直に、いろいろと言うことを聞く、いい子でした。



そのせいか、母親は私にあれこれ命令したり、

使役させてきて、おり、

先日も書いたように、物をほしがるような子にはさせないように、

してきた母親でした。



そのときは何にも考えられず、ただ、母親のニーズをみたしてあげる、

いわゆる機能不全家庭 でそだった、典型的な子どもだったわけです。







ただ、その一方で、思春期になると、いろんな主張をしたいという



自我の発展 拡大から、自己主張をするようになり、



それが、いままで抑圧してたもの、自己主張できない怒り、



私がしたいことを自由にすることができなかった怒り
、など



様々な怒りや苛立ちを爆発させて、反抗期になりました。





今でもずっと反抗期です。(だから、20数年間 反抗してますね・・・)







でも、



逆、ホオポノポノ をやってみて、



私は、母親から・・・・・



愛されてます、

ゆるされてます、

ごめんなさい、

ありがとう



といってみると、すごく、罪悪感が解放されるような、

胸がすーっとするような感じがでてきてました。





今回、その理由がわかったのです。



後で、詳しくHPにUPしますが、



私と母親に関する前世 がその原因でした。



要約すると、



私と母親は 中世の ヨーロッパのどこかで魔女でした。



森に済んでたんですが、

ある日、森の中のお家が放火され、

魔女狩り。



集団パニックのようになった民衆にみつかり、私たちのグループでは、

母親をはじめ老女の魔女たちが次々とつかまり、

若手の魔女である私だけが(30代)そのとき、森から逃げ出すことができた。





母親を置き去りにするしかなかった、自分が助かるため。

また、魔女の秘法や知識を守るためにも、逃げ延びなくてはならなかった。

だから、わざと老女の魔女たちは捕まり、

私を逃がしてくれたのでした。



そのときの罪悪感が、今世までずっと尾を引いてたのでした。



当然、魔女狩りで処刑され、私は、傷心で、海辺まできて、廃墟のような小屋に

すみつき、見つからないよう引きこもり生活。

森にもどって儀式をやるとばれるので、フツーにキッチンでハーブなど調合してるだけ。



でも、その時代は、怒りも感じてたのです。



おかしいことに気が付かないばかりか、パニックの集団催眠にかかってる無知な民衆への怒り



エゴに満ちた、自分勝手な理由でコントロールをする為政者への怒り。



悪いことしてないのに、罰せられ、処刑された魔女たちへの悲しみと



自分がどうにも出来なかった(にげるしかなかった)怒り。



そして、魔女なのに、魔女らしいことができない、つまり自己主張できないつらさ。





母親に罪悪感があるから、

今世、小さい子供だったときは、いろいろと言う事を聞いてた素直な子供

優等生な子だったんでしょう。

でも、母親のコントロールで自己主張を封印され、それに対する怒りを抑圧してた。





だから、ごめんなさい、というのは、なっとくできないし、

ゆるしてください、って懇願するのは、もっとつらすぎる。





そういうことがわかりましたです。



すっごいトラウマのある前世がまたでてきちゃいました。





ヒーラーで、セラピストとはいえ、このようなおおきなトラウマと立ち向かう、

つまり対処、処理していくのは結構な時間がかかります。





とくに、感情的シコリをのこしてますから、ここ数日~数週間はそれをみつめて、

何回でも、何度でも解放していきます。



レイキ の光で 過去世の皆(魔女)を癒すのもいいし、

EFTで、癒すのもいい。  →EFTの本いろいろ





フラワーエッセンスも使ってます。コレは飲み物に混ぜるだけから、

ちょうどこれからの季節、のどが渇き易いですから、お水にたらしといて

ごくごく飲みますよ。



これで、いろいろ理解がすすみました。



EFTの講座開催 についても、のばしのばししてたのもわかりました。



魔女狩りにあわないか、という心配があったんです。



厳密にいえば、EFTは魔法ではないですけど



でも、うまくはまるとまるで、魔法のように、解放感を感じられちゃうもの。



だから、似てるとおもったのかな、わたしの魂の記憶としては・・・。







ここ、数日~私が、この魔女狩りの時代のエネルギーをいやしていけば、



たぶん、バンバンと開催できるでしょう。



ちょっと、恐ろしさはのこってますが、そろそろ行動にうつしていきますよ。







あと、 いま、ヒーリング講座受講生による



インナーチャイルドヒーリング体験サンプラーを募集してます。



詳しくはコチラ で読んでメールおくってくださいね。















[2009/05/13 23:42 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
感謝できない母の日(月さそり)

母の日を目の前にして



母親と大喧嘩してしまった。



どうも、まだ、ゆるせてないところがあるよう。



母親の私に対する態度が否定的すぎる。






ありがとうと 言え、といわれて、



そっちがごめんなさい、というなら、ありがとう、と言ってやる、と・・・。(^_^;)





どうも、わたしには、母親の目の前では、

ホ・オポノポノの精神では接することができないようです・・・



インナーチャイルドが怒ってますからね。



特に母親にたいして、子供のときから、ずっと怒りが残っているので・・・。



ま、激怒したあと、すぐに、第三ポジションになって、

いま激怒した意味を 掘り下げてみました。



そもそも、

ありがとう、というのは、人から強制していうものではなく、



自ら、ありがたいとおもったときに出る言葉。



母親はこんなに尽くしているとか、親切にしてるのだから

ありがとうと 言え、という心理なのだろうが、



わたしにとっては、

私が好きなこともやらせてもらえず、



イヤイヤやりたくもない、日本舞踊やら、三味線やら、



民謡・・・というお稽古事をやらせ、



そのほかにも、水泳、英語などもやってたので、



週6日間、スケジュールが埋まってた。



遊ぶ暇もなく、友人と交流する時間もなかった。



特にヤだったのは、日本舞踊で、



止めたいといってるのに、止めさせてくれなくて、



仕方なく、行き続けた幼稚園~小学校4年生。



そうやって、友達が増えるだろう小学校時代が



逆に、仲良く出来ないというトラウマを残したり、



いじめられたりしてた。



小学校5年になると、塾通いがはじまり、結局



思いっきり遊んだな~という記憶がないまま



最悪な小学校時代を過ごした上、



中学時代は、学校の校則や先生が言ってることへの



矛盾から、いろいろとイヤになることが多く、




その後の節々で、私がやりたいということに関して



必ず、母親が口を出し、意見をして、



私の意見は無視し、私がやりたいという方向とは違ったほうへ、



自分の欲求どおりに、強制的にいつも進ませたくせに、



感謝しろ!とは、どういうことだ!という怒りがあるわけです。





私はいま、やりたい事を自由にやる、

邪魔しないでくれ、

ほっといてくれ、



というのが本音なのです。




離婚も、けっきょく、なるべくしてなったところもあります。



夫がきちんとお金を稼げたら、離婚もなかっただろうし、

でも、なによりも、なにかするときに、イチイチ干渉してくることが

もう、ダメだ、と思った次第です。



それは、主には、金銭面ですね。

DHC の基礎化粧とか、

日常の洋服とか、

必需品であるのに、そういうのを買う自由があまりなかったんですよ。

なぜなら、金銭的にはあまり恵まれてない稼ぎの夫は

イチイチ、セコく聞いてくるんですよ。

「なに買ったの?」「また、買って・・・」という否定的ニュアンスで・・・





もう、夫が稼げないんだったら、いいよ、働かないで、

私が稼ぐから、と言う気持ちもあったんですが、



まあまあ、仕事もうまく行っていたら、拡大発展すべきだとおもうんだけど、



事業拡大(っていったらおおげさかな~)に値するもの、

たとえば、セッションルーム借りるとか、そういうことも

反対で、非協力で、ネガティブなコントロールをしてたわけです。







結婚するときに、あ、いま 結婚すると自分のやりたい事ができなくなるな~

遠回りするな、という予感はあったんで、

一回断ったんですよ。

結婚は、実は恋愛ではあったんですが、

そもそも、紹介したのが、母親でした。

それで紆余曲折がありながらも、結局結婚する話がでた23のとき、



私は30になるまでに占い師として身をたてようとおもってるんで、

それまでは結婚しないと



母親に言ったんですね。



そしたら、怒鳴られました。

「30になって、誰が結婚するの。いまじゃなきゃ結婚できないよ」と

がちゃがちゃうるさく、しつこく、延々と何ヶ月にもわたっていうもんだから



ああ、それなら、結婚するよ!みたいな

勢いでいっちゃった感じ 24歳でしたね。



たしかに元夫 という人の人格は良い人だし、

愛情をもてる、好きな人ではあったので、

愛情という面では裏切りもない(浮気もない)幸せな結婚生活ではあったんですが、



どうしても、占い師になりたいというもの、そして

仕事でちゃんと稼げるようになりたいというのを

ことごとく邪魔された、という感じでした。



ま、我慢してても、それなりに、金銭的に豊かで

不自由ない生活だったら、専業主婦でもよかったですけど、

生活はできない、(金銭に不安)

私がやりたい事が出来ない、

夫は出世しないし、多くとはいわないでも、平均的収入も稼げない、という感じでした。



ま、それも、セラピーをするようになって、改善してきたんですが、

もともとの人間関係が、負のエネルギー連鎖(三角形ドラマ)でしたので



そこから抜け出すというのもあり、

その他もろもろ、もっと自由になるためには、

彼ら(夫や母親の)同意を得ることを必要としないで行くことが大事とわかり、



離婚したのでした。



で、相変わらず、母親は否定的な人です。すぐに、非難をして、痛みをもたせようとします。

(つまり、三角形ドラマの中に放り入れようとしてるのです)





ありがとうを要求する=自分を大事にしろ、ということなのでしょうが、



その前に、

娘を本当に大事にしてくれましたか?



と言いたいです。



娘を褒めたり、

娘の意向をまず聞いてから、親としてのアドバイスをくれましたか?

娘を愛してる、態度を示してくれましたか?




否、



その反対です。謙遜のつもりなのかもしれませんが、人様が褒めると



「いえいえ、家ではこの子は ~~でダメでバカなんですよ」と褒めたことへの否定をし、



親戚のおばさんが何か買ってあげようか?という言葉にも、



「いや、ほしくないよね、ほしくないよね」と何度も私の耳元でささやき



幼い私に、「もらってはいけないのかな、」と思わせて



「うん、何もほしくない!」と言わせてたんです。



本当は、私自身に、ほしいかどうか、決めさせてほしかったのに。

私がなにを考え、なにを感じてるか、尊重してほしかったのに。




結婚もするけど、いまの(24歳の)タイミングではしたくなく、先に仕事を確立したかった。

好きな仕事で、収入の安定、生活の安定を確保したかったのに、

それをせずに結婚させられて



夫も、「大丈夫、自分が生活の保障をする、何とかする」とか言ってましたが、



現実は、外人夫にめぼしい仕事もなく、かといって生活保護をうけようにも、中途半端に

親が資産をもってるんで、申請しても許可でないよ、と申請自体を拒否られて、

なんか、どうしようもなく、生きていってた、いまとなったら、どうやって生きてたのか

わからない(なんか、ヤフオクで 不用品売って、生活費にあててたこともあったなぁ ・・・・)



安定しなかった、生活でした。





そうやって、私の存在価値を、私の意向を否定しつづけた、わけで、



いまさら感謝しろ!って



感謝できないですよ。



むしろ、人生に過干渉してきて、イヤだ!といっても、強引に自分の意向を押し付けて

曲げられて、



お前のほうが謝れよ!という



気持ちが強くて仕方がないわけです。







あ~私のインナーチャイルドヒーリング、てこずりますな・・・



母親が、ホ・オポノポノしてほしいですな。

○○ちゃん、お母さんはあなたに

ごめんなさい、

ゆるしてください

あいしてます、

ありがとう、



って毎日唱えてほしい くらい ・・・です。







ゲシュタルトセラピーに行ってこようかしら。



とても激しいらしいです。感情の吐き出しが・・・・



今日は 月のサインがさそりだけに、



自分のなかにある、感情の毒素、たまってる部分を

自覚してしまいましたよ。



 


[2009/05/09 23:55 ] | インナーチャイルド | コメント(2) | トラックバック(0)
日本人として今ココにいる意味(月てんびん)
GWの休みが取れた昨日、



ごろ寝ウィークで、 



と決め込もうとしたんだけど



母親の誘いで、千葉にいる伯父さんの家に

遊びに行きました。



最初は、面倒だ、という思いもあったんですが・・・





伯父さんということは、私の母のお兄さん、ということで、



ヤバイ!今行かないと、

気が付いたら、お亡くなり、なんていう最悪なこともあるのかも、



とおもいまして・・・



行くことにしました。



不謹慎かもしれないけど、いま、芸能人とかも、

突然、お亡くなりになりました、というニュース飛び込んでくるじゃない。



大抵は、ガンとか病気が原因だけど、



本人が、病気を隠してたりしてるから、友人、知人の立場だと、気が付かないし、



去年の私の田舎のおばあちゃんも、急に逝ったんで、



人は会える機会があるときに、会っておかないと、と思ったんです。



やっぱり、行ってよかったわ。



ン十年ぶりにいとこに再会しました。



伯父さんと伯母さんは、この間の新年会でお会いしたのだけど、

いとこ の男の人は、来なかったんだよね。



前あったときは、子供、小学生のときだったから、

いまは、

優しそうな男の人になってます。



いわゆる草食男子?



40過ぎで、結婚をしてないので、私の母と、

叔母から、しつこく結婚しろ!

いい遺伝子を残せ!といわれてました。



確かに、ハンサムで、背が高いし、性格穏やかで優しい感じだから、

いい遺伝子ですよ。



けど、しないんでしょうね。



ひとりの生活満喫してそうだもの。



聞くとタバコはやらず、お酒もあんまり飲まないそう。



サラリーマンで会社の近くということで、山梨まで引越して

一人暮らし。





でも、内心は結婚に興味もないんでしょうが、

お給料面で、結婚する自信もないんでしょう。

一流企業でも、いろんなの引かれて、

手取りが20数万円といってましたから。



少子化は、いろんな要素で出来上がりますね。

男の立場、

女の立場



産める環境、保育園もそうだし、

パート勤めの人の待遇。

サラリーマン、男性の待遇、残業多くて 家には寝に帰ってくるのみで家庭のことに協力できないとか、

そもそも給料が安くて、家庭を作るのに、男として不安とか・・・

核家族で、親に 子供を預けられなくて、一人で育てなくちゃいけない女の不安とか。



そういうもろもろの要素を加味しないと 少子化改善へ結びつかないとおもう。





あ、伯父さんたちは、



もう、老人の集まりみたいになっちゃって、

話が

病気自慢と、

年金と、

生命保険で入ったお金、などの話ばっかりだったな。



悲観的ですね。



ま、定年などせずに、もうちょっと働いたほうが、

逆に生きるハリもでて、お金も定期的に入ってくるから

悲観的にならずにすむんではないか、とも、

私個人の 意見ですけど、おもったりもしました。





夫婦2人になっても、水入らずではあるんでしょうが、

お金は入らないのに、税金や保険料 などの徴収分が

多いらしいから、そこで、悲観的になるんでしょうね。



老後を豊かに過ごせないなんて、

日本は、真の意味での、豊かな国なのかな~とおもいます。



平和憲法はあるけどね。



でも、改憲の話もでてるんで、要注意ですよ。



最近、前世療法するクライアントさんに共通しているのが、



戦うのがイヤ だから、



今世の日本、21世紀の時代に生まれ変わってきた、という人たちが多いです。





平和憲法に守られた、日本のなかで、



豊かに生きていく



精神的にも

物質的にも



自由 で

生きていく 権利が守られている、



というすばらしさ に 感謝して、



それを 守っていかなければ、ならない なとおもいます。











[2009/05/05 23:42 ] | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。