FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
永遠に豊かな地球(月いて)
クリスマスもすぎちゃいましたね。



ケーキ食べましたか?



クリスマスとはいえ、低炭水化物を目指す私は



生クリームに人工甘味料を入れて自動ミキサーでかくはんし、



それにイチゴをつけてたべました。



あはは~これで充分、立派なデザートさ。



プレゼントは、自分から自分へ送ってみる。

ネットで注文し、

明日あたり送られてくるようです。



今回は、衝動買いした、ショートブーツです。







ブログ更新するほどのネタじゃないけど、

まあ、しとこうかな。



そういえば、元タレントの飯島愛さん、

亡くなられたんですね。



自宅でひっそりと。



若いのに、なんで?って衝撃です。







ミルーンもブログ更新しとかないと、



変に心配されるとこまるんで、生きてますよ~。





確かに、ブログとか、HPとか、



本人が管理してるから、



気付いたら、亡くなってたなんて、ありがちですね。



飯島愛さんのブログ、そのままですもんね。



タレント事務所をやめたら、管理のためのパスワードも



本人くらいしかわからないだろうし。



まあ、ブログやってる会社に頼めば、消してもらえるのかな。









まあ、ミルーンの場合、



HPのアドレスは、独自ドメインなんで、更新料が払われないと



自動削除されますけど、



ブログは無料だから、引き続いちゃいますね。







そうは言っても、



ミルーンは、きっと長生きするんで、大丈夫です。



少なくても、2012年12月に何が起ころうとも



生き抜く覚悟です。





だって、その年齢のときに、

私のホロスコープ(ハーモニクス図)では、

人生最大の幸運に恵まれるって あるんですもの。




ミルーンは9月生まれですから、



その、人生最大の幸運をたった、3ヶ月だけしか味わわないとしたら、



もったいないです。 欲張りなわたしには、



耐えがたきことです。





ま、何が起こるのか、アストロロジャーとして興味ありますし、

また、充分味わってみないと気がすみません。



マヤン暦が終わるから、って世界が終息するという見方は、



ネガティブすぎるとおもいます。



世の中、否定的な思考やエネルギーが氾濫してますよ。



そういった情報で、自分自身を見失ったり、あるいは

催眠暗示をかけられてしまうことがないようにしないとね。





続きを読む
スポンサーサイト
[2008/12/26 23:29 ] | アストロロジー | コメント(0) | トラックバック(0)
しんどい1年も終わり。(月さそり)

いやいや、冬至もすぎました。



あと数日で、2008年も終わり。



なんかね~占い相談を受け続けて、



今年は、しんどいっていう人多かったなぁ。



いや、しんどい、っていうのは、本人の主観なんで、



アストロロジー的にいうならば、大変化の年ですね。







わたしの周りでは、妊娠、結婚ということを突然発表してくる人や、



あら~離婚なさってたの?ってわかる人とか。





男性も、仕事で大変化で、協力してたパートナーと別離して、



会社やビジネスのやり方を再編しなくちゃならなかったりする人



たくさんいるようです。





あとは、健康面ね。



亡くなったひととか、病気になった人もたくさんいるみたい。



特に11月に変化が集中してるように思います。



ミルーンも11月には、大風邪ひきましたしね。





まあ、春分図をみると、太陽、天王星と

8室にあり、

でも、7室には海王星、金星、水星と

この7~8室に星が集中してて、ステリリュム状態。

そこに、2室の月がオポジションになってるから、

まあ、他人の所有物、あるいは、人間関係の秘密

ということに関心(月)があるって感じでしょうか。







そのうえで、11月は冥王星が射てのサインの最後の度数にあり、

12月からは山羊のサインに移動するわけで、

この11月は、なんらかの大きな変化(死と再生)をもたらすのは

すぐ予測できそうです。





11月は

秋分図の担当領域なので、みると

たしかにこれも面白い。

月と海王星が12室であります。



さらに、11月6日の上弦の図をみると

これもまた、月が12室にあって、

共通点を見出します。(海王星は8室)



12室は見えないもの。

海王星 あやふやなもの

月 弱点、関心 

ということであれば、見えないところに弱点があり、

あやふやなものに関心が寄せられるってことでしょうか。



マンデンはすんなりと読むのはむずかしいんですけども、

11月6日は、

私としては、すごく衝撃をうけたので、

上弦の図と秋分図と比較してみました。



風邪ひいたのも、そのあたりだったしね。



まあ、そういう余波はすこしは続くんでしょうが、



来年の春分図をみると、4~5室に星が集中しているので、

家庭、レジャー、スポーツなど個人の楽しみに焦点があたってます。



細かく見ると、ネガティブなこともあるんですけど、

政府が国民の意向を無視するとか(まあ、大抵、そんなものですけど、

日本って)



金星はMCとトラインなので、

景気的には、少し回復するか、なにか

経済政策の効果がでてくるのかもしれません。



そうなると、今、言われてる不況もそれほど問題ではなくなり、

とても過ごしやすいんじゃないかと思います。



そこで、その波にのるには、

引き寄せの法則。今から、望んでいる自分を

描いておかなきゃ。

波動をだしておくと、星の放つ幸運の波動とマッチして

うまく、流れに乗れると思うよ。











 


[2008/12/23 00:11 ] | アストロロジー | コメント(0) | トラックバック(0)
引き寄せの法則の真髄がわかったよ。(月おとめ)
ご無沙汰してます。



ようやく体調もよくなった感じです。



(まだ、ビミョーな咳がたまにするんですけど、その辺は無視。

自分自身を、健康良好というカテゴリーにいれときます。)



で、フツーの活動を取り戻そうと

フィットネスクラブ通いと

アトキンスダイエットを再開しました。



つまり、肉食ダイエットです。

野獣の過去世があったなら、そのときにもどった気分です(笑)



というのは、冗談ですけど、



アトキンス法を説明すると、超低炭水化物ダイエットです。



炭水化物が入ってくると、消化されて、グリコーゲン、糖になります。

グリコーゲンは、エネルギー源として、私たちの体を動かすものです。

糖は血液にあると、血糖になります。



その血糖値が高くなると、すい臓からインシュリンがでて、

血糖値を下げて、血液中の糖の量を一定のレベルに保とうとします。

インシュリンは、糖の一部をグリコーゲンにして、筋肉や肝臓に蓄えて、

あとの余分な糖は、中性脂肪、つまり、脂肪として蓄えます。



大抵、肥満の人は、炭水化物大好き人間で、

炭水化物をたくさん食べるので血糖値が急激に上がりやすくなり、

そうなると、インシュリンが、これまた、タイヘンだ!と

急激に下げようとして、下げる。

するとお腹が空く→また(大量に)炭水化物食べる→血糖値急上昇

の繰り返しになります。



まるで、ジェットコースターのように血糖値が上げ下げして、

食欲もそれにならって、増加し、炭水化物たべつづけることになり、

あまった、グリコーゲンは、肝臓や筋肉、それでも多くてT皮下脂肪として

蓄えられるっていう仕組みです。



で、このグリコーゲンを作る素である炭水化物を絶つと、体は仕方なく、

エネルギー源として、

脂肪という貯蔵庫から、エネルギーを放出します。

脂肪分解され、ケトーシス状態になります。

ケトーシス状態でできるものは、ケトン体です。

ケトン体は脳も栄養として消費できるので、

脳は糖だけしか栄養にならない、というのは誤りのようです。





だから、私はいま、お菓子もご飯もパンも、パスタもうどんも、ソバも

ジャガイモ、サツマイモ、とうもろこし、かぼちゃなど

一切の高炭水化物をたべてません。



だけども、

血糖値が安定してるので、気分も穏やかです。

頭が働かない、ということもなく、

むしろ、今までのように、炭水化物の食べすぎで、

すぐにお腹が空いちゃって、

しかもすきすぎてイラつくということもなくなったので、ラクです。



お腹も、ちょうどいい感じで空いてきて、

(今までは、クラクラめまいがするくらい空いてたけども、)

いまは、ちょっと食べれば、満腹ですから。



スピリチャル的な観点でみれば、

なんらかの精神的なネガティブなものも、

私の肥満という体型を導いているのかもしれません。



ただ、そういった認識できる精神的ネガティブさよりも、



単に、体の代謝機構の問題のほうが、より強い肥満要因・影響力だったんですね。



だから、たまりにたまった、ツケをかえすように、

脂肪を燃やしてもらいます。



ツケ返し終わったら、少しづつ炭水化物を増やして、

体重が増えない程度のところで、やめると

そのときの炭水化物の量が、1日にとっていい上限なので、

それをまもっていくやり方が、アトキンス法の全部です。





「いつまでもデブと思うなよ!」も読んでみたんですけど、

彼のいうところの、カロリー計算だけで、炭水化物を制限しないならば、

私にとってはあまり効果はでませんでした。

おまけに運動もしなくていい、ってことでしたから、なおさら効果は見えにくかった。





ただ、著者のいうところの、デブは嫌われる、という偏見に満ちたような

記述があったんですけども、

実際、そういうデブ差別、みたいなものは

現在の日本には存在するのであろうな、とはおもいます。



見た目主義時代がやってくる、というのは、当たってるんでしょうけども、

太っているからダメダメとか、

だから、痩せろ、っていうのは、ちょっと発想がネガティブすぎるかな。



で、ネガティブなところがあっては、絶対に成功できないし。

何事においてもそうですけど、ダイエットでもネガティブだと達成できません。



続きを読む
[2008/12/18 17:04 ] | スピリチャル | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。