スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
総合的に(月みずがめ)
夢を見た。



いつも一晩で5~6個の夢を見るので、

強い印象がないと、忘れてしまうのですが。



そのなかでも強烈に覚えているシーンは、

何か、先生なのか、偉い人で、教えてくれる男性がいて、

その人は、外人(白人)なのだけど、



そのセミナーを受けてる受講生の中に私がいる。



で、その先生が、あの人はかに座だから、どうのこうの、

山羊座だから、どうのこうの、といったときに、

そのいわれたことが、アストロロジャーとして、客観的に聞いたなかで、

かに座の性質、山羊座の性質とマッチしていなかった。



だから、私が手を上げて、間違いを指摘して、訂正した、

そして、その先生らしき男性に伝えたことは、

「先生、ちゃんと、占星術、アストロロジーのことをもっと勉強して、

私は占星術師(アストロロジャー)なので、私が教えて差し上げますよ」と

やや、憤慨しながら、伝えてた。



なんかね~。(笑)



まあ、いいかげんなことを教えるのは、許せなかったんでしょう。

そういう、ムキになるところ、たしかに私の性格のなかには

存在しています。



何か、小手先というか、ちょっとしたものを、

もっともらしく、伝える人々に嫌気が差すのかもしれません。



まえ、とあるヒーラーの講座をうけたときのこととです。

その方は、

ヒーリングのことについての知識や、エネルギーワークしてくれたことや

その方の持つ、サイキックな能力などが、とてもすばらしかったんです。



ただ、受講生からの質問で、



足首が痛いのは、なぜか?



というときに、リーディングしてくれたことが、



動物の霊的エネルギーがくっついてる、ということでした、



確かに、それは、当たっていたらしく、彼の仕事は、とある研究所で動物実験を

しながら、製品の研究開発することだったんです。

だから、そのたびに動物の命を犠牲にしていました。





サイキックな先生は、その場で出会った、受講生だから、

事前に、何も情報を得ないなかで、

その彼のオーラ等から読み取ったすばらしい情報。



けれど、そのあとの一言がね、取ってつけたような情報で、



あなたは、何座ですか?ときき、



がみずがめ座、とこたえると、



みずがめ座のひとは、足首に支障が出やすい、って言って、

さも、威厳たっぷりに、もっともらしく伝えていて、





何それ~、もう!(怒)と 同じく受講生のなかにいた私は、

おもったのでした。



たしかに、アストロロジーでの、みずがめのサインは、足首の部位を示します。



ただ、今日、みずがめ座、と一般的に通用していることは、



太陽星座占いのこと。



つまり、意味するところは、



太陽がみずがめ、に入っている、ということです。



太陽がみずがめにはいってるだけでは、足首が悪くはなりません。



病気やトラブルの原因は、まず火星、土星、です。

ハーフサムの治療軸や、病気軸をみなくちゃいけないし、

幼少時の体質から、アセンダント、月、

そして、エネルギー、活力の元で太陽です。



だから、このように総合的に判断しないと

病気になりやすい部位、予想されそうな疾患、ってわからないのに、



太陽みずがめだけで、足首、って言ってたあの先生から聞いたのと同じような衝撃が



夢のなかでのわたくしにも、起こったわけです。





同様に、○の言葉セラピーとかいって、

これ一つで全て解消というわけには行かないのです。



これは、NLPのテクニックの一部 

サブモダリティを調節して、今感じている体の感覚を

変化させることにより、気分をも変えてしまうテクニックと同じもので、



これだけで、すごく効くひともいれば、

その他NLPのテクニックを総合的にやらないと、効かないひとも

いるわけです。



あとは、NLPじゃなくて、前世療法とか、インナーチャイルドヒーリングとか・・・



大抵の人は、総合的にやったほうが効く感じを受け取れるようです。





私も最初占い師デビューしたときには、

アストロロジーだけで、すべてわかるものとおもいましたが、

実際に占いの現場では、タロットをも使います。



みんなトラブル(なのか、ちょっとした込み入ったことなのか?)

ともかく物事の行方を知りたいものなのですから、

そういう時は、タロットが活躍します。



アストロロジーは、分析するもの、運命の傾向、自分の性格とか、

そして、タロットは今抱えてる問題の行方。

それをもとに、どういう行動するかは、その依頼者のご判断ですから。



























スポンサーサイト
[2007/12/15 12:55 ] | アストロロジー | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。