スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
本物の恋愛をしましょう。(月うお)
占い鑑定のお客さんで







痩せたらデートする





って取り付けた女性がいました。





www(   ̄ .  ̄  ) !







もう、出だしから





ダメ



です。





痩せたら、という時点でダメです。





なぜなら、条件つきの愛だからです。





無条件の愛とは反対にある 打算の愛ですよ。





今の自分を好きになってくれなきゃ意味がない。



それは、まるで、

不細工なモテナイ キリン男性が

(彼女居ない歴=年齢 Kanojo Inai Reki =Nenrei  の略でKirin らしいです)



宝くじで3億円持ったとたんに

急に寄って来る キレイなおねえちゃんと同じ心理だとおもうのです。



相手は、自分の持ってるもの(お金や体)に恋してるだけで

その人の中身、人格、魂に 恋はしていないからです。



そういう時は、そのお金が尽きるとき、その美しい容姿が崩れるとき



去っていくのは確実です。



愛してないので、病気や怪我や不運なときに 必ず、見放します。





私も前彼 が 実はそうだったんだ、と 気付きましたです。





彼は条件付の愛だったのです



よく言ってましたが



「俺は自分に尽くして尽くして尽くしまくる人には、俺も尽くすよ」という言葉。



これは、最初に相手が、くれないと自分もあげないという意味でした。



そういえば、



最初のデートのときに、相手におごってもらったのですが、



そのことについて2回目のデートで注意されたんですが



もう 2年くらい前なので 正確な言葉が思い出せず、





記憶があいまいですが、



彼が言った言葉で私が感じたのは、



なんだ、なんかセコイな言ってる内容が・・・ という印象でした。



私より6歳も上で、たかだか居酒屋デートの食事代について



あとで文句言ってるんですね。







払わなかったとか。



払う態度を見せて欲しかったとか



まあ、それはわるかったですけど

ご馳走様♪ありがとうございます



って言ったのになぁ。







最初のデート代を払ってくれない男は 永遠にセコイです!





という格言が 某HPでみつけまして、





妙に納得してしまいました。



私の場合は、



払ってはくれたけど、文句言った 男も やっぱセコかった・・・ という言葉ですかね。





あはは。





まあ、当時の私は



よくわからなかったけど、



とりあえず



「ごめんなさい」と



いっておきましたけどね。



心のなかでは、はぁ~?



でしたけどね・・・





で、つきあっていくなかで、



いろいろ要求が多すぎて、そのわりには、彼が私にくれるものが



同等ではないので、



疲れすぎて、最後には 「もう 来るな!」で 終わってしまいました。







条件付の愛は、打算の愛なので、自分が欲しいものをくれている間は関係は続きますが



それがもらえなくなると 関係は終わりになります。





そして、条件付の愛は、 おそらく 相手をコントロールするのに

使えるんだとおもいます。



そういえば、痩せろ!とかもっと痩せろ!とか



自分の好み通りの女にしたいのでしょうが、よく言われてました。



というか、これでも最高潮のときから、20キロやせたんですけど?



っておもってましたね。





でも、でも



痩せろ!痩せろ!といわれつづけると



自分のなかで、そうだなぁ太ってるよなまだ・・・



ということで



ストレスがたまり



逆にその彼と付き合ってる間1年半で  リバウンドしてしまいました。(苦笑)





って、元彼の悪口を暴露する コーナーではなくって、(^_^;)・・・









私の言いたい事はそこにはありません。









けどまだ、 私の経験 から物言わせてもらうと







20歳くらいのときに、某シティホテルでミルーンは、ウェイトレスしてました。





具体的には ルームサービスをしてたんですよ。



ルームサービスはコーヒーとか食事をルームまで持っていく仕事です。



そのとき、私は配膳会社から派遣された、アルバイトだったんですが、



正社員の男性、同じくらいの年だったか、1~2歳上くらいの人に



よく言われてましたね。







○○ちゃん おはよう 今日もキレイだね とか



○○ちゃん、やせたら デートしようとか・・・





その人 見た目 いい男でしたし、たぶんおしゃれで会話も楽しいとおもうけど



あなたと私じゃ合わないでしょう、っておもってましたね。





あなた都会人っぽい



わたし なんか田舎娘っぽい・・・





あはは。(^▽^笑)





でも相手は私が なんか 気になるのか、



よく からかってきていました。



まあ



とうとう デートすることもなく



ルームサービス業は、私は退職しましたけどね。





デートしなくてよかったです。





最初から合わないとわかってたもん。





けど相手はなぜか、気になるのでちょっかいかけてきたんでしょうけど





まあ22、3歳の男性ですからね~



性的興味の部分が強かったんでしょうか??







で、何がいいたいか というと





痩せたら デートする なんていう男とは付き合うな!



ということです。





彼らはみな 条件を押し付けてきています。



条件付の愛情しか持っていません。



そのうえ、相手を うまく 自分のおもうとおりに コントロールしようと試みます。





自分の思い通りに彼女がならないと 気がすまないばかりか



怒ったり、すかしたり、



まるで、DVの男性と同じ心理なんでしょう。





もちろん、



外見も大事ですけど



お金も持ってるほうが楽しく過ごせますけど





そこだけが 重要視されちゃってる



うわべだけの関係に入っていると、





本物の愛、



すなわち





無条件の愛、



あなたという存在自体が 愛おしい





というのが わからないんですね。





存在自体を愛してるようにならないと





長く深く一生を共にするような 恋愛関係が できないとおもうのです。





本物の愛情って そういうことだとおもいます。





たぶん 芸能人で言えば、



森三中の 大島美幸さんのだんなさん 鈴木さんが



それを体現して、ブログでいつも語ってるようですね。





あれが、幸せな強い結びつきのあるカップルだとおもいます。









そして 恋愛は ロマンスとエロスなので



エロスの部分



五感で感じる快感 肉体を使い 精神とも結びつく 体験が



来るんだと思います。



エロスを演出するいくつかの方法は



たぶん巷の雑誌等で 普及されてるとおもいますので、



そういう外見を磨くのも大事ですよね、



性的関係の永続性を保つためとか、



その時間を楽しむため の工夫として・・・・





けど



一番は



中身を磨くことが大事かなとおもいます。





絶対容色は衰えてきますからね。



おじいちゃん、おばあちゃん になったとき



外見の変化 で



相手と別れるなんていうのは、



幼稚な 性格としか言いようがありませんからね。







では~





よければポチ!↓







人気ブログランキングへ















スポンサーサイト
[2010/03/15 16:37 ] | 恋愛 | コメント(0) | トラックバック(0)
現実と理想(月うお)


独身者の相手探し、既婚者より外見や情熱を重視する傾向=調査

 [ニューヨーク 9日 ロイター] バレンタインデーを前に発表された調査で、交際相手を募集中のシング..........≪続きを読む≫



たしかに・・・



長く独身が続くとですね、



パートナーにと 求める



期待値が 大きくなる傾向は あるようですね。





占いしてますと、 鑑定でお会いする方に、



ほんと そういう方が 多いですよ。









外見もよいこと



性格もよいこと



持ってるもの(収入とか、財産とか 不動産とか、地位とか、身分とか)



そういうのへの 期待度が高まっちゃう傾向はあるようです。





けどけど、



残念ながら、





年を取ればとるほど 理想は高まっていくのに反比例して



現実は 劣化していく一方ですね。





なぜなら、自分も劣化していく事に気付かないからです。



特に外見面は、老化という 劣化が 少しづつではあっても進んでいってしまってます。



その代わり、大抵は、内面が磨かれていってるはずなんですが・・・





いかんせん、



相手に理想を求めるがため、



自分自身の中の理想を高めて、向上していくことが 出来てない方も





多かったりして・・・



(人のこと、あれこれ 批判できる立場にない 私ですけどもね~ 



占い聞いてると どうしても第三ポジション[客観的立場の人] できいてますからね)







まあ、客観的に なる 必要もあるのかな~と思います。







元彼という人も 



なんだかな~とおもってたことがあったんですが



違和感を 感じてたところが、



別れて しまった今、



だんだんとわかってきました。



俺は モテる というのは 単なる自慢かもしれないですけど、



昔 芸能人にならない?って声かけられたという話があったんだそうです。



今の(おっさんの)容姿だと信じられないですが、昔の写真をみせてもらったときに

まあね、そうだね~昔はイケてたね、とは思ったんです。



で、彼の自慢話は続き、



松島菜々子 そっくりな人

藤原紀香  そっくりな人

荒川静香  そっくりな人



そういう美人が昔の彼女だったらしいですけど、



今別れちゃったんでしょ!って私は思ってました。



しかも相手から別れようといわれて離れてしまったんじゃあ、



あなたに引き止めておく 力がなかった、

魅力がなかったのでは?と思ってしまい・・・・



外見は(イケメン?)ともかく

内面に問題があって お別れされてしまったんでしょう~って



おもってました。



それを 今カノ である私の前で言うこと自体が、



なんか男らしくないというか、未練あるのか、



たぶん冗談なら、冗談らしく ギャグの落ちがあると面白かったんですが・・・



そういう話をきいてると、

占い師でもある私は、やっぱり第三ポジションになっちゃって、







見ているとですね



独身で40過ぎ もう アラフィフ にちかくなってきた彼は、



ある種理想が 高くなりすぎてるのだな と思いましたです。









母親の愛情に飢えてたので、子供として非常に愛情を欲しがります、

駄々をこねて、それを満たして欲しいだけ。

ですが、

愛情を与えられた経験がないので、自分から愛情を与えることが出来なかった



みたいです。





現に、自分は何も与えないけども、

相手から欲しがり、エネルギーを奪っていくので、



結果として、 彼女であるミルーン自体も疲れてしまい、



それが 別れる原因となったとおもいます。









前世療法を教えてくれたカエタノさんが言ってたのは、



この世はすべて エネルギー交換



セラピストとして提供したエネルギーの対価として

クライアントからもエネルギーをもらう



それは、大抵は、お金 という形になるのですが、



お花でも、コンサートチケットでも お米とかでも

いいと





いう話でした。





そういうエネルギーの等価 が成立しないと



疲れる関係になります。



元彼は それがわかってないからこそ、



世間的に イイ女である 彼女達も



疲れてしまって 離れてしまったのではないかとおもいます。











ほんと イイ女じゃない フツーのオンナである ミルーンも





オンナであることの対価 は結構払ってますからね。



永久脱毛とか

痩身とか



その中で 成果が継続してるものもあれば(たとえば脱毛)

継続できていないもの(痩身)とか



ありますけど(笑)





それでも、トータル



ん百万 払ってきましたからね~。・





あはは。



世間的にイイ女で通ってる人は、ミルーンの何倍も何十倍も

たぶん、払ってきてるとおもいますよ。



そんな芸能人ばりの モデル級に美しい人とつきあうなら、



男性も すごく楽しませる工夫をしなくちゃならないはずで、



やっぱ、そのための対価 エネルギーは



お金ということになるんでしょうね。



けどその元彼 どこかレストランにいくとかもなかったし、

バラを持ってくるとか

そういうロマンチックな演出もしなかったし、





逃げられて 当然です。





あはは。



私も逃げましたもんフツーのオンナですけども。






対価の見合う、バランスの取れた関係性が 人間関係にも通用しますね。





だから、尽くすのはいいけれど

尽くすのを求めてばかりで同等のものを与えてくれない人とは

キッパリ 離れるべきかもしれません。





よかったらポチっ↓




人気ブログランキングへ




[2010/02/16 15:12 ] | 恋愛 | コメント(0) | トラックバック(0)
何事も対価を支払わないと得られるものはない。(月しし)

曇りの日々が続いてますね。



私にとっては、涼しくていいです。クーラー使わずに済む。



わたしのような大きな体の人は、むし暑い晴れた空より、曇ってくれてたほうがありがたい。



曇りのせいか、午後の2時とか,3時という時間帯で、ジョギングしている人をかなり見かけます。



そうだね~、ジョギング日和だ。



私も再開しようかな~。



まず、でも体力をつけないとな。



最近不眠症とか言ってて、体調が変であるわりには、

チョンダヨンさんのエクササイズ



 は必ず毎日30分やってます。



4枚組みなんですけど、

そのなかでもダンベルエクササイズの

FIGURE DUMBが好きです。



チョンさん、可愛い~、キレイ・・・

細ーい手足に、胸の厚みもキレイな形で、ウエストキュっとしてる。



とても42歳とは思えません。女の私でも惚れてしまいます。

(って、そっちの意味ではありませんよ、念のため、誤解をしないよう・・・)



162センチ50キロと公言してます。

たしかに筋肉&脂肪の無さの加減から50キロ前後なんでしょう。



世の中の、みんな、なにがなんでも、

40キロ台になるんだ!というこだわりがすぎるとおもいます。





たとえば、TVの「トリック」というドラマの ワンシーンで、



崖淵にロープで、山田、と上田 が二人ぶら下がっていて、

早く這い上がらなくちゃいけないときに、

上田教授は、「私の体重が85キロ、ユーの体重は50キロだから・・・」と

物理の法則・てこの原理を計算するのか、ブツブツ言ってたとき、



あわてて、山田さんが

「おい、私は、50キロもないぞ、47キロ・・・いや、43キロだ」と

訂正してるのですが、(命の非常時に、自分の体重を気にしてる乙女心なんでしょうけど)



あの、細ーくても、しっかり骨太である、筋肉質っぽい仲間由紀江さんは、

50キロくらい体重あっていいとおもいます。

ドラマとはいえ、そんな体重を聞かれて、うろたえる役なんて、やらせないでほしくないですわ。



で、実際は、85キロもないであろう、阿部寛さんは、

自分のこと85キロといってます。

でも、189センチですから、もしかしたら、実際80キロ台ではあるんでしょう。





で、何を言いたいのかというと、

見た目が引き締まってキレイなら、それが筋肉のおかげならば、

体重は重くなるはずだから、50キロなら充分だとおもうのです。



でも、BMI値=22で計算するなら、彼女は57.7キログラムで充分なのですから、

そこからすると、7.7キロもやせているわけです。



女性は40キロ台の体重であるべき、というのを押し付けるな、と言いたいです。

彼氏の勝手な理想的女性の体重が40キロ台がため、

それに近づけようとダイエットが高じて、

拒食症に悩まされている女性も多いからですよ。



セラピーしてて、ホントにいやになりますよ。

彼氏が苦しめてるんですよ、自分勝手なエゴで、

彼女が健康を損ねてますからね。





それって、恋愛なんですかね?

ただ、自分の希望を押し付けているだけ、人を変えようとしている。



逆に、そういうあなたは、

お姫様抱っこできるくらい、胸筋と上腕筋が発達してるんですかね?

女の子の夢が王子様が迎えに来てくれる、というのであれば、

顔は可愛くて、体はマッチョ、たとえば、

ケイン・小杉みたいに、

アーノルドシュワルツネッガーみたいな体型なんですか?







あるいは、年収4000万でないと、と言ってた 某女医タレントさんは、

結局、愛を選んで、年収にこだわらなかったので、

ついに、結婚を決めちゃいましたね。





かつて、セラピーにいらしてくださった方で、

年収2000万じゃないと、といってた女性が、

全然、出会いがない、と嘆いていたことをおもいだします。



そういう夢物語を求める人で、現実を見ない感じがしてなりません。



相手に理想を求めるより、まず自分が理想を実現してくださいよ。

要求をだすからには、受け取る器がふさわしいのかどうか、

今一度、自分を振り返る必要があるのかもしれません。



年収2000万の人なら、どういう女性を求めるか?

教養のある人、茶道、華道、日舞、テーブルマナー、社交ダンスができる

英会話、その他外国語1言語はマスターしていて、社交的な人、

そのうえ、料理上手だったり、美しくておしゃれで性格が可愛い

なんていうのを求めてくるでしょうし。



フィニッシングスクールでも通ったほうが、そういう人に出会える可能性が

広がるってもんです。

フィニッシングスクールに通うお金は、もちろん自分が払う先行投資ですよね。

ミルーンも昔、通おうかな~とおもったことありました。

でも、若干20歳くらいの小娘に、年間100数万のお金は工面できなかったで、

あきらめたんですけどね。



だから、フィニッシングスクールなど行かないのに、

ただ、高望み、相手からもらえることだけ望んでいるのは、ムシが良すぎるってもんですね。



話がそれちゃいましたが、

ともかく、

何かを要求するとき、自分が受け取る器が見合ってるか、

客観的に判断するべきですね。



相手に要求だけして、自分は何も与えないなんだとしたら、

ホントにずうずうしいってもんです。



エネルギー交換の法則からして、間違ってますからね。



対価を払わずして、得る物なしです。



セレブの近道が、玉の輿だ!とかんがえたなら、

玉の輿にのれるだけの器を磨くことですよね。





また、変なスパムメールがよくメールボックスには届いてますが、

女性から男性に援助する、とか云々っていうタイトル、って絶対ありえませんから。



もしあったとしても、女性がパイロットになる率と同じ程度の確立。

脳の構造の違いから、絶対にありえないんですよ。

なぜかというと、コレをよく読むとわかりますよ↓







男女の脳の構造の違いを知ることで、相手に求めてはいけない要求や、

相手の要求を自分で理解する手助けになります。



男脳、女脳チェックテストがあるのですが、これがものすごく面白いです。

ちなみに論理的思考寄りなのか、ミルーンは男脳でした。









 


[2009/07/23 21:28 ] | 恋愛 | コメント(0) | トラックバック(0)
男の幸せについて考える(月うお)

吉祥寺 月の扉の鑑定で

相談を受けました。



恋愛、出会いについてとのことです。



依頼者はいわゆるイケメンです。

容姿が端麗ですし、清潔感もあるし、

服装のセンスも良さそうです。



え~いないの?そんな20代前半と若いのに・・・



彼は訴えます、

どこに出会いがあるのか・・・



飲みにいくなら、隣に座ってる子とかに声かけてみたら、

といったのですが。



声かけたい子がいない、とか

可愛い~とおもっても、恋できないとか、

ときめかないというんです。



なんだ~

じゃ、占いの範疇ではないですね。



心の問題ですよね、といったら、

そうかなぁ~そうだよねぇ~と

言ってました。



いまどきの20代の男性のほとんどは素直で可愛いです。



でも、ときめかないってなんでしょうか?

彼も、



僕は、草食系男子になったんでしょうか?



ときいてましたが、



受付票にある生年月日でみると

太陽いて(タロット占いだったから、ホロスコープ作らなかったんですが)

の人に、



草食系はありえないでしょう。



いての人は、興味があったら、打ち抜く矢を持っている人ですし、

矢がささったか、近づいて確かめてる、獲物をとったか、

確かめるんですから。

木星神、

ゼウスの影響で多情な傾向ありますから。



はぁ~ときめかない、ねぇ。



私に聞かれてもわかりませんねぇ

私も、恋にときめきたいですもんねぇ・・・



あんまり、出会いがないとか言ってるんで、



私が付き合っても いいんけど といいそうになりました(ウソです)



わたしはおとめのサインが強いんで、

太陽いての男性とは、基本的に相性悪いですし、

(実際、過去の付き合った人がいての人だったとき、合わなくって 懲りましたっす)

しかも、10数歳下ですから、

弟というより、息子みたいな関係になりかねません。





一目ぼれしないっていっても、

やっぱり、恋する、ときめくってことは、



容姿にちょっとでも、一目ぼれしてる要素
ってあるとおもうんですよね。



キレイ~可愛い~~だから、興味ひく~~

この人のプライベートのこともっと知りたい、

一緒に過ごしてみたい、
っていうのがね。



そういう興味をひく女性が少ないってことでしょうかね?

ということは、中身がうすぺらい、人ばっかりで、

幻滅してるのでしょうか?

ま、若い女性で、言葉遣いやマナーとかあまりにも知らなすぎて

下品な印象をあたえてしまってる人もいますけども。

そうじゃない人もいるはずですしねぇ。



彼が興味ひく女性がいると、必ず彼氏持ちだとかいうんで、



彼氏持ちでもいいじゃない、別れるまで待てば、といったのですが。



そしたら、彼、

略奪愛ですか~~(驚)といってました。



けど、あなたなら、略奪愛もできるんじゃないの?

略奪っていうと、おどろおどろしいけど、



ま、乗り換えっていうか、

いい女性は、常に、いい男性を探しているんで、



まずは友達になって、彼女のことを精神的に支えて、



相談など受けたりするときに、さらっと、



そんなひどい(仕打ち)の彼氏より、

僕のほうがいいよ~っ的なプレゼンテーションすればいいんだよ、



と言ってみたんですがね。



なんか、そういうところ、一般的に20代の男性は欠けている要素かもしれません。



逆に、今の40代、50代の人のほうが、しつこい、あきらめわるいというか・・・

妙に自信をもっていますからね。



俺の女になれよ!(命令調)だったり、

つきあってもいいかな(依頼風)だったり、



いろんなニュアンスで、口説いてきますから。

(こっちは、あんまり興味ないのに・・・)





帰り道、バイク乗りながら考えてしまったよ。



なんでなんだろう・・・?

彼が訴えてた問題の真髄にあるものは、とかんがえてたら、



ふと気がついた。



自信がない、というのが、問題の根底かな?

相手に惚れない、ときめかない、恋しない、というのも、

ぎゃくにいえば、

自分自身に恋してないのかも。



自分自身に恋するって言い方、

ちょっと変だし、

とくに、男の人の場合、ナルシストっぽい感じがして、

一見ひきますけど、



でも、自信をもつって、多少なりとも自分のこと好きだし、

認めてるし、いいやつだな~と思ってるんじゃないかと ミルーンは思うのです。



だから、身なりをととのえたり、俺ってイケてる(って内心では思ってるはず)

と服装をえらんだりしてますし、気分よく会社にいって、仕事を精一杯こなしているんでしょう。



でも、彼の場合、仕事にも特に精出してるわけじゃないから、

なおさら、楽しみがない感じ。

生きがいがない感じなのかも。





仕事がたのしくなくても、遊びの部分、たとえば、趣味に生きている人は

快活にすごしてます。

また、恋愛を楽しんでいる人も、ウキウキ過ごしてます。





彼は、恋愛を楽しみたいのでしょうが、恋ができないのです。

なぜなら、自分にときめいてないから、ですよ。





女性だったら、一日の中で、鏡を見ながら、

程度の多少はあれ、すこしは、ときめいたり、うきうきしたり、

私もまんざらでもないじゃない、とか
、思ってたりするんですよ。



それは、

お風呂上りの紅潮してる顔に化粧水をコットンで叩き込んでいるときだったり、

メイクがバッチリ決まったときの顔だったり、

着る服のコーディネートがうまくいったときだったり、

ヘアスタイルをととのえてもらったときのいつもと違った可愛い顔を見たとき
、なんかにね。







そうやって、美容やファッション、メイクのちょこっとした工夫で

ウキウキになれたりするんですよ。

今日は新しいバッグをもってるから、とかでも、気分は高揚できる。



たった、それだけのことで気分はチェンジできるし、

ときめくんですよ、日常生活に。



けど、男の人だったら、どうなんだろう・・・。

オタクっぽい人なら、

欲しかった、ガンダムのフィギュアそろえちゃった!とかで、

すごくうれしくなれるんでしょうけども、



そういうのない、ごくフツーの平凡な男性だったら、

日常の些細なことにときめかなかったら、

やっぱり、ときめきの恋は探せないのかもしれないねぇ。



だから、男の幸せってなんなんだろう、とおもいました。



ま、一般的には、

男の幸せは、女性が喜ぶ姿を見るのが、

幸せなんじゃないかと思います。

だから、一生懸命仕事をしたり、お金を稼いで、

デートのときに、そのお金を使って、

美味しい食事、楽しい場所にいく、女性に何か買ってあげる、

楽しい気分にさせて、それを見て、自分も楽しむ

ということじゃないか、と思います。



で、女の人は独身時代に男の人にさんざん尽くしてもらってる、

愛されているという記憶がたくさんあるからこそ、

そのまま、

結婚しての、永遠に続く、平凡的日常のなかで

ご飯作ったり、掃除や洗濯などの家庭の雑事をこなしながら

生きていく毎日を過ごし、

夫のため、子供のためのお世話ができるんだとおもいます。



ま、そんなことを思いながら、帰路に着いた日でした。



だから、デートは大事だよ~きっと。

女性に支払い金額などわからせないように

スマートに決済すませるのが大事ですね。

一般的に、若者の諸君!20代の男性諸君ね。



なぜだか、ミルーンに、金ない、とか言ってくる男性多いんですよ。





ミルーンがすごくお金持ってるように見えますかね?





叶恭子さまが選ぶ男の人の条件に

イケメン、

社会的地位が高い、

収入が高い



というのがあるんですが、

この3つのうち、二つを満たすことが付き合う条件になると

叶恭子さまは、

はっきりおっしゃっていますが、



ミルーンも ある程度 年をとってきたんで、

それもわかるような気がするな、と思う 次第です。



お金じゃないよ、というけど、

お金である程度の自由も買えますからね。



某シティホテルで、ウェイトレスしてたときから、おもってました。

お金で できることは、あるって。



スィートルームにずっと泊まっているお客さんがいて、

ほぼ、1年間、300日くらい滞在しているんです、



で、ホテルに宿泊費だけで、年間3000万払っている人がいて、

だれなんだ!そのひとは、と思って、いつも部屋にコーヒー届けにいくと

いつも、居るのは、女性なんです。

サインは、男性名で、するんで、



私たちの間では、その人、愛人さんなんじゃないの、といってました。



年間3000万はらって、もう、3年くらいホテルに住んでるときくと、



そんだったら、マンションでも買い与えればいいんじゃないの、とおもうけど、



諸事情でできないのでしょう。

税金問題、贈与税とか、奥さん、家族に知られる心配、そして、

愛人のために、使用人を雇うこ手間とかかんがえると、

ホテルのほうが安上がり、快適、という結論に至ったのかもしれません。





ともかく、お金がないとか嘆くなら、

お金をどうにか作りなさい、ってかんじですかねぇ。



あ、話がそれちゃいました。

幸福になるために、お金も必要だということです。

お金という道具がたくさんあれば、それだけ、もらえる自由もできるし、

楽しませることへ使えるからです。

それで、楽しませることにお金をつかって、結果として

相手ウキウキ、自分もウキウキ、したらいいんですよ。

そうやって恋してる楽しみを堪能したらいいんですよ。



たぶん、男の幸せは、

女性に尽くすことから始まるんでしょうね。













 


[2009/07/11 23:59 ] | 恋愛 | コメント(0) | トラックバック(0)
投資とリターン2(月しし)
昨日に引き続き、投資について。

今回は恋愛に関する投資です。



私は、占いする関係で

たまたまなのか、吉祥寺という土地柄なのか、

20代男性、全般的に、共通してるのがあるね。



まず、お金ないって言うこと。

お金がないことに対して、ある意味、開き直ってるのか、

デートにもケチるような感じが見える。







お金はねぇ、 みんな、若いうちからは、そんなに持ってはいないよ。



私の世代も、私のお父さんの世代のころも、みんな、20代くらいはビンボーよ。



けど、ビンボーでも、彼女には、デートのときのご飯代は男が出したし、

車のガソリン代とかも、なんとか自分で工面したのが、男ってもんだろうし。



なんか、悲観的すぎるんだよね。



お金がないなら、作る!

私たちの世代なら、そういう考えだった。

たぶん、お父さんの世代からずっと、そういう考えだったのでしょう。





今、不況とはいえ、サービス業なら、慢性的に人手不足。

ここでアルバイトすれば、デート代くらいはたまるでしょう。





私も22歳くらいのとき、ビンボー学生とつきあってた。

会計士になる勉強をするため、あえて、コンビニバイトだった。



ほとんどわたしがご飯作って食べてる家デートが多かったけど、

(もちろん、私が食材を買ってきたので私が費用もち)

外に映画見に行くときは、彼が支払ってた。



というか、彼が給料はいったから映画みにいこう、とか、

そういう感じだったんだけどね。



私も化粧はしてなかったから、

そういう意味ではファッショナブルじゃなかったけど、

ま、手作りのご飯は作ることはできた。

家で、たくさんご飯たべて、くつろぐのが楽しかったし。

いるのが楽しかった。





今の人は、相手に求めるのは基準はたかいのに、

それに見合った、自分の提供できるものは、低いかんじ。



たとえば、キレイな美人をもとめる男性は多いけど、

キレイに着飾ってる人は、

洋服やバッグや靴やメイクや髪型にお金がかかっているから、

そういうよそおいで、出歩ける、デートコースをつくって、

彼女に楽しんでもらえ、それを一緒に共有して、

楽しもうという気持ちでいかないとならない、ことに気付いてない。



そういうの、わかってるのは、たぶん、石田純一さんなんでしょう。

あるいは、元ホストのひと、城崎さんなのかな。





でも、これも 考えると

デート代をもつ、という投資が ある。

で、つきあうかどうか、3回くらいデートしないと、わからない。

(男女が親密になるには、3回の法則があるらしいですよ・・・

たいてい、コレを元に、テレビなどの恋愛ドラマは

展開されてます)



つまり、どういうリターンがあるのか、わからない。

最悪なのは、つきあえないってこと。

ま、これを3回もデート代だしたのに、つきあえない、損した、ということになるのかな。

でも、恋愛自体、損得 というのものでもないし。

これは、まるで、ミルーンが、痩身エステにいって、一旦はやせるも、

あとで、じわじわリバウンドしたのとおんなじでしょうか?

いや、たとえが、ぜんぜん違う感じ・・・(笑)



逆に、3回の間に、つきあってもいいかな、と思えるような要素を

出すための、男性にとっては、女性にたいする、

“俺のことどうですか~?”というプレゼンテーションの期間ということなのかもしれない。



そして、その後も、たぶん、おそらく、デート代は、基本、男性がもつ、

ということになるとはおもう。



そういうことが出来るかどうか・・・





基本、女性が考えてるのは、

デートは割り勘だと、あんまり、友達と飲み食いしてるのと変わんない。

女友達とかと出かけてるのと、大差ありません。



私のために、お金を払ってくれた、という感じがないと、うれしくないわけです。

アクセサリーとかも、買ってくれた、というのがうれしいわけです。

そして、買ってくれないと、なぜだか、その人に関して、

頼もしく感じられない=男らしさに欠ける と評価を下すわけです。

毎回割り勘だと、そういう結論に至ります。



お金がないのがわかってるならば、割り勘でしょうけど、

時には奮発しないと、やっぱり、気持ちはどんどん萎えてきます。



たぶん、この辺は、原始人時代から脳にインプットされた、

男は食べ物をとってきて、女に与える、というのがあるのかもしれません。

だから、デートのとき食事はできるだけ、おごったほうがいいとおもいますよん。

参考図書は以下↓







ま、そういうの、 ちょっと前の世代は わかってたんですが、

今の 20代 くらいの世代、つまり、’80年代生まれの人はちょっと

わからないのかな~。



最初から、すっとばしな感じ。



対価をはらわず、利益を得たい、というような・・・。



手順を 満たさないと、次のステージにはいけないよ。

まるで、ゲームをクリアーして、ネクストステージに行くような感じと

似ているのかもしれないよ。



知人で、気になる女の子に、

いきなり、彼氏いる?とか聞くらしいんですが、

ちょっとおかしいですよね。

彼氏いるかどうか、きかなければ、玉砕しないのに・・・

聞くから、警戒心増すのに・・・





彼氏いるから、って自分にもチャンスない、ってことではないですよね。



特に、マンネリ化したカップルなら、チャンスはあるかもよ。

って、小悪魔な女になる方法 の男性版 を伝授してしまいそうな・・・



まず、友達になっておいて、

いざというとき、頼りになる人だと思われるならば、

彼氏から、自分へくら替えされる、というのもありうると思いますよ。



現に、別の知人で、彼氏いる女性(年上)を

略奪愛(と、その男の人いわく)成功(?)した人いました。



でも、きくと、なんどか、デートしてたらしいですよ。



ディズニーランドとか、花火大会とか何度か、数回行ってたらしい。



その数ヶ月で、彼女は、長期間つきあってた彼氏と別れる決心がつき、

そして、その新しい彼氏とつきあうことになったんでしょう。



その間、彼氏とその彼女のことを散々聞かされたんだけど、

それにも、黙って耐え、いい友達として接してあげながらも、

一方で、この人といるほうが、楽しいな、という時間をたくさん与えたよう。



これが成功したひとつの例なのかもしれません。







[2009/05/30 23:59 ] | 恋愛 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。