スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
若々しさ(月ふたご)
よっしゃ~!未来の自分のために、今から確保!





なにを確保?



それは、ミルーンの専属デザイナーさんです。



何のデザイナー??





それは・・・・





ウェディングドレスを作ってくれるという約束をとりつけたんですが、







いかんせん、相手がまだ見つかっておりませぬ・・・。



だから、式の予定も未定なんですが・・・・



数年内のうちには・・・(という希望的観測?)





それよりも何よりも、体型をすこし整えないとな。





で、最近真面目にスポーツクラブ行ってます。



昨日なんか、いつもの施設が休館日だったんで、同コナミの別の施設までいっちゃいました。



下北沢まで。



環七まっすぐ南下して、とある信号表示をみたら左折と



事前に確認したのに、迷っちゃいましたが、



なんとか、数人のひと(犬の散歩のオバちゃん、交番のおまわりさん等)に聞いて



到着できました。



シモキタの商店街めちゃくちゃ、バイクで走り抜けちゃいましたよ。



一軒、見てみたい、食器雑貨扱ってるところ発見したんだけど、

帰りは環七の道へ行っちゃったので、



見ることは出来なかったです。



下北沢のクラブは土地面積が狭いせいか、

トレーニング場も1階、地階と分かれてましたが、



意外と使いやすかったです。



プールも25メートル4コースで泳ぎやすい。ただ、ジャグジーは狭い、

ミストサウナ、高温サウナはあるけど、湯船がない、という感じで、

コンパクトな感じでした。



エステとか日焼けマシーンとか、マッサージとか、なきゃ、こんだけで充分ですね。

ただ、浴場、湯船は個人的には欲しかったけどね。



で、今日は、またいつもの家の近くのクラブに行きました。



そしたらですね~

なんか、マシーン、前見たときとはちがってて、ガムテープで補強されてた

ひび割れシートがなくなってるんですよ。



あれ?

もしかして、ミルーンがブログで書いたから?



そうじゃないな、たぶん、前々から取り替えることは決まってて、

ついに実行されたのが、その休館日である、水曜なんだろうな。

その日、一気に張り替えた んだろうな。



あるいは、キャンペーンで入会者が増えたので、

余剰金がたくさん出来た?(笑)

で、修理にまわせたのかしら。



で、今日は、トレーナーとなんかカウンセリングしなくてはならなくって、









続きを読む
スポンサーサイト
[2009/11/05 22:11 ] | ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)
両面(月うお)

久しぶりに行って来た。

やっぱ、強制的にしないとダメらしい。



なにが?



運動ーです。



自宅から一駅先に コナミスポーツ 中野富士見町があるらしいので、

昨日、体験し、即入会してきました。



ま、施設としては、

ティップネス(主に私が行ってたのは新宿だけど) と同様 でほとんど変わんない。



建物自体は新しいし。



ジムエリアもマシンはたくさんあるし、フリースペースと、ウェイトのコーナーとあって、

便利そうです。

つまり、踊りなどを自主練する女性客と、ダンベルつかう男性客と ぶつかりあわないもんね。



有酸素運動用の器械もステッパー、バイク2種、トレッドミルとあって、台数も充分ながら、

人自体が少ないので、込み合う心配もなし。



ただね~。

マシンがくたびれてる感じ。椅子とかひび割れてるもん

そして、ガムテープ張ってるもん



張り替えればいいのになぁ。そこだけ、張替えできるんでしょ?できないのかしら。

マシーン全部を取り替えて、ってメーカーさんに言われちゃうのかしら?

コナミはフィットネス業界第一位のシェアーなんで、

予算が ないってことは、ありえないとおもうんだけど?





あと、ジムエリア で待機してるトレーナー少ないなぁ。 2人ぽっちだもん。



旧ワウディ吉祥寺(今は別会社のクラブになっちゃった)に行ってた時や、

ティップネスは、新宿、渋谷、明大前、下井草といったけど、

いつでも、常に、4~5人はトレーナーがジムにいたよ。



つまり、活気がちょっとない感じ。

フロントは、常に、なんか、4~5人いるんですけど。



トレーナーの人材不足なのかしらね。中野富士見町だけなのかしら?





その代わり、水周りはすばらしい。

プールは20メートルだけど、ジャグジーがすばらしい。

フツーにぶくぶくでてる円形のところと、

もう一つは、

リラックスできるように背中を預けて、やや寝そべる形で出てくるところがある!



さらに、ミストサウナがあったのは驚いた!



これは、温泉施設っぽいつくりです。



浴場は、シャワーのみじゃなく、お風呂と、サウナがあるので、これまたリラックスできます。



やっぱ運動後は、体浸かったほうが、疲れ取れやすい感じです。



トイレもハイテク。

入るたびいちいち「このトイレは、離れると児童で (間違った) 自動で洗浄します」

アナウンスが・・・

 

で、行くのも気軽ですし、バイクでスーと5分、10分って感じ。

雨が降っても歩いてもいける距離だし、電車に乗っても一駅よ。



ワウディ吉祥寺行ってたときは、トレーニングにはまっちゃって、





 


続きを読む
[2009/10/28 23:28 ] | ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)
最強の占い師?(月おとめ)

今日から、占い館「月の扉」の店長(代理)です。



昼間も出勤します。スケジュールはコチラ



もちろん、今日16日木曜日は昼間から通しです。



アストロロジー(西洋占星術)とタロットを使います。

ご興味のあるかたは、どうぞ、吉祥寺にお越しくださーい。



ブックオフで16冊売って、530円。

文庫本1冊30円、単行本45円くらいね引取り価格。

1割にも満たないんですねぇ・・・

5分くらいです。



ま、そのお金をたして、これ買っちゃったけど↓







なかなかいい本ですよ。



イメージダイエットに近いです。



なにがいいのか、というのは、肥満になっている根本的原因を追求しているから

それは、

肥満になっている精神的、感情的、肉体的な意味がわかるので、




そういった意味で、ちょっとだけ、画期的かも。



著者のジョン・ガブリエルさんは、



仕事上で付き合いのある怒鳴るひとが、

とても怖かったらしく、

ぶたれるのではないかと恐れてたそう。



実際は暴力を振るうひとではなかったそうですが、



それでも、その人からぶたれるのでは、と内心思っていて、



そのために、なんとか身を守るために肉をつけていったらしい。



その人と、物理的に、距離的に離れたかったし、



体をでかくすることで、ぶたれないだろう、と威嚇することになり、



ようやく、安心感を得たらしい。



それが、90キロも太った理由らしい。





なるほど。

なんか、読んでたら、ミルーンもそういうところあるのかもと

おもっちゃった。



私は、中学生くらいから徐々に太りだしたんだけど、

怒りをためて脂肪にしてるのは、高校生くらいのときに

はたっと気がついた。



(怒りを感じると、やけ食い、大食いをして、その感情を無理やり飲み込んでいた

クセがあった)



そのときは、怒ったときに、むりやり食べるのはよそう、とおもったら、

今度は食べられなくなった。

怒りが、直接胃を直撃して、食べられなくなったんです。

【ちなみに、胃のチャクラは、欲求、要求のチャクラです、

私は~~したいです、という自己主張なんですが、それが、

母親との間では、子供である私は出来なかったんです



そして、しばらくすると、私は、怒りをおもてにだすようになりました。

それが、いいのかわるいのか・・・

本人としては、肥満加速に、すこしは、ストップができてよかったかもしれないが、



母親とか、大迷惑してたみたいですね。今までどおりに言うこと聞く良い子じゃなくなったから。

自分の管理下、自分のコントロールできなくなったから。





一回、電話で母親からムカついたこといわれたのよ、



当時は、黒電話だったけど、



勝手に相手が、話の途中で切ったんで、



思いっきり受話器に怒りをぶつけて、置いた(叩き付けた?)ら、



白い、部分、電話のスイッチになってるあの、部分が、

1つ凹んじゃって、電話掛けられなくなったのよ。



そういうのもありましたねぇ・・・



で、それは、それとして





そして、結婚生活で年々太っていったのは、

ダイエットからのリバウンドもあったけど、



夫や家族【特に母親】からの制限が、原因だとわかった



行動することへの制限だったので、



たとえば、私が株をやりたい、と言っても、全然ダメだったし、

そういうのを、ケンカしてやっと言い分を通すこともあれば、

通せないことも多かった。



言い分が通るのは、食べるものだけ。



食べ物ではガタガタいわれないんで、



好きなものを食べて、たくさん食べれるのは唯一食べ物という感じも

ありましたね。



感情逃避のために食べていた。無性にお菓子など、偏食かつ、大量に食べてましたね。





で、思い切って離婚したら、痩せた。



物理学の法則的にはそれだけが原因ではなく、

フィットネスクラブに通ったエクササイズ効果と

アトキンスダイエットのおかげ

だとおもうけど、



スピリチャル的には、あるいは、感情的には、

自由に行動し始めたからだ、きっと。




でも、そのアトキンス法が逆に、足かせになって、

炭水化物が食べれないというジレンマ、

ハードにエクササイズし続けるということが



自由というところへ、制限をかけるものになっちゃったとたん、

いやだ、という心の声に素直にしたがって、止めたら、



徐々に時間をかけて、太っちゃった。



そしたら、今度は自分への怒りが増してくる、

どうして、せっかくうまくいってたのに、と。



さらに、ま、過去のブログを見るとわかるんですが、



そのとき付き合ってた彼と色々ゴタゴタがあったんで、

その人への怒り?(恨み?つらみ?)なのか、

複雑な思いが織り交ざってしまったのも、

太ったことへの原因なのかな、

とおもったのよ。





つまり、わたしも、ガブリエルと同じく、

強くなるために脂肪を着けちゃったのかしらと。



私の場合は傷ついた自分を守るため(失恋とか、

母親のコントロールとか)

あるいは、何も出来ない(させてくれない)という

自己主張が通らない怒りから、

脂肪をつけちゃったのかな。

強く見せるため?

強そうだと主張が通る?

脂肪をつけると、傷ついた弱い自分が隠される?世の中から・・・・



と思ったのよ。





確かに、フィットネスクラブ通いのときは、

ある意味、強くなっていったんで

筋肉量アップ、

負荷の重りもアップされたり、

腹筋ができる回数が増えたりしたので、



痩せても安心なんだ、とおもったのかもしれない。



でも、脂肪に隠れている本当の弱い自分がいることを

そのときはわからなかった。だから、ある程度痩せたら、

それ以上は痩せなくって、

そのとき、BMI値でみると、やっぱり、肥満という領域で、

どうして、痩せないんだろうとおもってたけど、

いわゆる停滞期であることは間違いないけど、



スピリチャル的、かつ、感情的には、

本当に痩せちゃって、大丈夫なの~?

あたし、こんなに弱いのに、

たくさんの脂肪で守ってもらわないとならないのに




という不安な自分がいたのかもしれないな。





ともかく、



ガブリエルは、自分が太った原因がわかり、

大の大人の男が、怖いものがあるなんて、

怯えてるなんて、認めるのは抵抗があったけど、

やっぱり、そういう自分もいるんだな、と認めてあげたらしい。



それがわかったから、



痩せても安心だ、と言い聞かせたり、

本に紹介されてるイメージダイエットをやり続けたらしい。



と同時に、



太ったのは、怖い人から身を守るために太ったので、

生き残りの本能(サバイバル本能)だと悟ったらしい。



なので、



痩せているほうが、生き残るため(サバイバルするため)に必要だと

思わせればいいんだ、という理論。



なるほどね。

それは、少し理にかなってるかもね。



それと、ダイエットすると、結果として、どうしても太ることになるらしい。



今でまわってるダイエット法は、どうしても、制限なので、



それは、体自身がもっているサバイバル本能としては、

制限されると、栄養が足りない=飢餓の時期だ=今度食べ物が入ってきたら、

脂肪として蓄積しよう&筋肉を代謝して、基礎代謝を下げよう



と思うらしく、これが、各種ダイエットの失敗になるらしいです。



でも一方で、 凶暴な肉食獣、猛獣などに追いかけられる危険地域に住んでいる人は

太っていると逃げられないので、痩せて、早く走れる体型になるらしい。



そっか~

ミルーンは、追いかけられたら間違いなくアウトですね。



ランニングやってみるかな。

まずは、100メートルだけ、全力疾走できるようにして、

徐々にあげて、1キロやって、

2,3,4,5・・・10キロとかやれば、リッパなマラソン選手になれそうです。



いや、今の自分じゃ、どう妄想(いや、もとい)イメージしても無理そうだな・・・

いっそのこと、ブルースリーみたいに強くなろうかしら。

めざせ、少林拳ってかんじで。



やっぱ、両方併用が、最強になれそうです・・・



先日書いたように、私には、お手本にしたい魔女がいます。



架空の人物ですが・・・(っていうか、魔女で、有名な人の実際の人物を知りませんし・・・)



チャームド3姉妹が 最強の魔女といわれてるので、

ミルーンはとりあえず、最強の占い師 目指します。(笑)



今日から店長(代理)だしね。



アリッサ・ミラノ可愛いし、カンフーの振り付けも結構決まってます。



と、なんだか、まとまりのナイ話になりましたが。

一応カテゴリーはダイエットにしときますね。



良かったら↓プチッとしてね。

 


人気ブログランキングへ
[2009/10/15 04:17 ] | ダイエット | コメント(2) | トラックバック(0)
不二子率!(月さそり)

面白いブログみつけちゃいましたよ。



この方は、峰不二子のような体型をめざしているらしく、



不二子率 100パーセントを目指しますなんて 書いてます。



おかしい。



不二子率か・・・



ちなみに峰不二子のプロポーションは167センチ、体重50キロ

B99.9 W55.5 H88.8 です。



ミルーンも計算してみます。ミルーンの不二子率100パーセントは



B98.3 W54.6 H87.4  体重49.2キロ



となりましたです。



バストは楽勝でいけます、今の自分からちょっと減らすだけですから。



ヒップは、努力したらいけそうかな~~不可能な数字ではないでしょう。



けど、ウエストの54.6はどうかしら・・・



小学校卒業時に、はいたスカートが66センチだったからなぁ。



ま、中学受験のためのストレス大食いで小5からの1年間で10キロ増量したんで、

それがなくて普通の成長率として計算すると、

おそらく3~4キロ増量くらいと仮定できる。

そしたら、ウエスト60センチぐらいだったと思うよ。

よくいうでしょう、ウエスト1センチ、1キロ分って。

そこから推測しても、ウエスト60センチくらいね。



うちの子がいま160センチくらいで、体重47キロくらいなんですが、

それでも、ウエスト60センチ以上ありますよ。62,3センチくらいかな。

やっぱ、骨太家族なんだよ、うちは・・・



で、体重も無理そうです。

だって、

肥満とは無縁だった小5で47キロ153センチでした。

で、先ほども言ったように、

フツーの成長率で小学校卒業できたとして、157センチ、50キロくらいですよ。

BMI値は20ですね。



不二子率は あきらめるかなぁ。



もう、筋肉美をめざすしかないな。

私のいまの目標は チョンダヨンさんです

この腹筋になって、ウエスト60センチなら本望です。↓













 











あ、ちなみに、ここ1~2週間毎日エクササイズしてたら、

バストがきつくかんじらえて、

はかってみたら、ワンサイズカップがアップしてました。





バストもやっぱり土台が筋肉に支えられてるですね~。

鎖骨の下の部分の肉が寄ってきましたよ。

チョンさんの胸は本物です。私もアップしましたから。



 ちなみに、チョンダヨンさん率100パーセントも計算してみます。

B87.2 W60.8 B87.2  48.7キロ~52.7キロ 体脂肪率18~20パーセント

でした。



これもなかなか厳しいな。 体重はともかく、体脂肪20パーセント目指してみるっか!

 


[2009/07/30 18:05 ] | ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)
肉食女子な私のご飯メニュー(月かに)

また、低炭水化物ダイエット再開しました。

チョンダヨンさんのエクササイズをはじめてしたとき、

無性に、

焼肉食べたい、

肉をガツーンとたくさん食べたい(放題したい)と

いう欲求が生まれたのが きっかけです。



そしたら、なんか、気分 ラク。

体力も 回復しやすいようだし(ま、筋肉痛は微妙に翌朝のこりますが)

血糖値が安定するので、空腹感がなく、イライラしにくい。

イライラしてくると、ほんとうに胃袋空っぽのO~1レベルの空腹度なんだと

すぐわかるので

すぐ、食事をとらなくては、という正しいタイミングで食事をすることができますよ。



私のお気に入りは、卵です。

毎日毎日、オムレツ食べてますので、卵1日3個くらい食べてます。

白身だけじゃなく、黄身もです。

卵食べると、脳がシャッキとしますよ。



ぜったい、間違いないって、朝食べるのがベストですよ。

で、昼はこんなのを























つくって食べました。鳥の胸肉をバター焼き。ハーブとにんにくも入れて

じゅーじゅー焼きました。



夜は

やっぱり、肉とサラダって感じ



で、日によってはそれほど食べたくないってときは、

ナッツとチーズと冷奴150グラムとか

そんなメニューで過ごしてます。



あ、部屋を整理してた、「いつまでもデブと思うなよ!」





がでてきたんですが、



この本はレコーディングダイエットのススメだというのは周知の事実ですが、



この岡田さんという人の分析で面白いのは、

欲望型人間と

欲求型人間と

2種類あるという指摘。



で、私のようなデブ(岡田さん)は、欲望型なので、アレが食べたい、コレが食べたいと

頭でいつも思っていて、本当のその瞬間の本来の体の欲求にきがつかないので、

胃袋がはちきれるばかりに詰め込んで食べ過ぎちゃうと。

でも、性格はつねにアグレッシブで、積極的に行動していく。



でも痩せている人は、 欲求型人間なので、

体の欲求にしたがって食べてるのでスリムのまま。

でも、逆にいうと、体の出すサイン、欲求に弱く、

空腹とか、体が熱いとか、などに長く耐えられない人。

常に受身的で、受動的に行動する人だと。





なるほどね~とおもったんですが、



考えてみると、私は、欲望型よりかは、

元々、欲求型の人間だった気がします。



受身的に生きてた子供、小学校時代はスリムというか、普通の体型でしたが、

中学受験のストレス

(正確には夜遅くおきているから、1日の活動時間が長くなったがため

お腹が空いたの、その食欲にそって、そのまま食べてたら、じっと机の前に座ってるのに

食べる量だけ増えたので、太ったというだけ)

という、フツーに、空腹に耐えられずに食べてただけなんですよ。



そういう欲求型人間は、 精神論ではやせられないのかもね。

だって、岡田さんの本、結構、頭使って、制限カロリー内で抑えるゲームみたいなものでしょう。

ある意味、精神力でダイエットしてるじゃない。



そういうの、たえられないんだよね、欲求型だから。

で、体の仕組み関係で太ったんなら、その仕組みの誤作動を作用させないように

調和させるのがいいのかな、と気付きました。

で、結局、アトキンス法です。

体の仕組みをいじるには、体に作用させる食事などを気をつけなくちゃならないわけ。







あと、小林正観さんも、

太ってる人は「何を食べてもあたし太る」といいながら食べてるでしょう、

だから、太るんだよ、

「何を食べても痩せちゃうのよね」とか、

「食べても食べても痩せていく」ということを

いいながら、思いながら食事してごらん、

そして、いつもより、多く食べる、

ことをすすめてますけども。



多く食べるというのが、回数のことだけをさしているのか、

量もたくさんたべろということなのか、

イマイチわかりませんが、



私は真似したら、体重、即アップしました。

食べたら、食べただけ上がりますよ。

だから、



この理屈が通るのも、やはり、欲望型人間のような気がします。

欲求型が欲望型の真似をすると、さらに太ります。



私は、食べても痩せるのよね、というだけで痩せれる人は幸せです。

同様に、体にありがとうといって、痩せたという人も幸せですね。



チョンダヨンさんも、体が飢餓であると脂肪を溜め込め、という命令がくるので、

そういった、生存本能を目覚めさせない程度の少量をたべ、

それも、1日に数回という頻繁な食事をし、

そして、運動しなさい、と説いてますが、

おそらく、これは、欲求型人間に向いてる 合理的な方法の一つなのでしょう。



月かにだけに、食べ物のはなしでした。

あ、いけない。新月のお願いわすれてた。

いまからやろう。







 


[2009/06/24 01:56 ] | ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。